アイ・メークする時、口がみられる理由は?

アイ・メークする時の状況だけを話していることがありません. 目薬やレンズなどを目に入れる時も自分も知らないように口が行われる経験をすることができるが、, 自分も知らずに口を開けという事実を察知するまでかなり長い時間がかかります.

f:id:bryan0230:20180616102206j:plain

上の状況で共通点は 目に集中するということです. なぜ、多くの人が目に集中する時、自分も知らずに口を開けるのでしょうか? 事実これと関連した研究資料がなくて、各分野の専門家の主張ばかりいます。. どうしても研究するにはテーマがとてもちょっとしてそんなようです.

 


スポンサードリンク
 

 

とにかくこれと関連してさまざまな主張があります. アイ・メークするときや目薬, レンズを入れる時は手に力を少ししかくれて全身の筋肉を弛緩させたいと思います. なぜなら, 目はかなり敏感な身体部位で, このような目の近くで行われる作業には精巧さが必要だからです.

f:id:bryan0230:20180616102218j:plain

全身の筋肉をイワンハは過程で顔の筋肉も弛緩されて , そして、自然に口が少し行われるものと見ています. これと反対の状況で筋肉を収縮し、力む時は口を固くつぐんでいる姿を考えて見れば理解が容易と思います.

次の主張に、上記の状況では首をさっと後ろに反らしが、, 身体ではこのような変化に 姿勢反射という反応をします. 姿勢反射は、生体が以上の体位に置かれた時、身体各部位の位置関係の違いから筋緊張の分布に変化を起こし、首脳の体位に戻すとする反射運動で高等脊椎動物で見られる反応です. このような反応の結果がそっとあごを開けるのという主張があります.

f:id:bryan0230:20180616102151j:plain

そして口をそっと開けた状態で目をしばたたいてみたらなんだかぎこちなかっれると思います。. これと関連して口を 'O' 形にすれば、目をしばたたいないのに役立つという主張があります. もちろん、一つの意見であるだけです.


神経学的に接近してみると、三叉神経科の顔面・眼球運動神経が関連あるものと推定しています. 三叉神経は 12組の脳神経のうち五番目に該当する顔面神経で、主に顔面の感覚とかむ運動に関与することで知られています.

顔面・眼球運動神経は名前そのまま眼球とまぶたの動きを調節します. ところでこれらの神経は脳幹にお互いに近いに交差していて意識的に目を大きく開けさせようとすれば、顔面・眼球運動神経に信号を伝達することになるでしょう. この時、信号を伝達する途中に交差していた三叉神経を刺激し、活性化させて, あごが起こっているのだと主張します.

ここまでが一般的に知られている主張です. 明確な研究資料がなくて単に集中する時、舌を出すように一つの習慣と見る意見もあるし, 膝蓋腱反射と似たような反射作用と見る意見もあります. 個人的には筋肉の収縮と弛緩の影響で発生することが最も信憑性のあるものと考えられています.

 


スポンサードリンク