Facebookで強制削除された子犬のイメージ。 その理由は?

生まれたばかりの子犬の写真をフェイスブック掲示したが、不適切な写真だとして、削除された少年がいる。

 フィリピンのダバオに住んでいるドミニク・君(16歳)は、地域動物を好きな人が集まるフェイスブックグループに生後3日の子犬の写真を何枚掲示した。

f:id:bryan0230:20180617162934j:plain

そして、数分後、どうしてそのサジイFacebookグループページの利用約款にずれて遮断されたという通知を受けた。 ドミニク・君はただ新しく生まれたディミトゥリをみんなに自慢したいという純粋な気持ちで写真を掲示しただけなのに...

 


スポンサードリンク
 

 

どうして子犬の写真をアップロードしたが、ならないのだろうか。

 とか不思議に考えるかもしれない。 その理由はワンちゃんの写真の一部があまりにもそれと似たためだと…。

f:id:bryan0230:20180617163106j:plain

- その子犬は、ヘアレスあとあと犬種だった。

 生まれたばかりの子犬、ディミトゥリはメキシコ原産のヘアレスあとあと犬種、メキシカン・ヘアレス毒のダンテを父親とした。 メキシカンヘアレス毒はかなりずいぶん前から存在していたあとあと犬種にアステカ帝国の成立前から存在していた歴史的な犬だ。

 

もともと希少品種だったが、スペインが原産地メキシコを侵略した時、容赦なく食用として取り扱って絶滅寸前まで行くようになった。 以後、保護活動を通じてどうにか辛うじて生き残ったが、依然として世界に500で600頭ほどしか存在しないと知られている大変貴重な紙だ。

f:id:bryan0230:20180617163154j:plain

f:id:bryan0230:20180617163225j:plain

f:id:bryan0230:20180617163254j:plain

ヘアレス種で、うまれた時から毛がない状態。

 肌の色は全体的にピンクのよう、メキシカン・ヘアレス毒特有のしわの寄った感がある。 以降、育つ間、体の色がゴムゲドェというの.団体父とデイジー母の間で生まれたドミトリー・だが、この時3匹が生まれたのに、完全に毛が一つも無いのはディミトゥリプンイオッダいうことだ。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180617163350j:plain

-まあ、、何が問題用紙。

 正面から見たり、横から見ると、明確に生まれたばかりの子犬だ。

 しかし、すぐ上から見ると....

f:id:bryan0230:20180617163510j:plain

<Facebookで見ると、間違いなくいう..>

 あまりにも類似したのだ。 色も形も・・・。

 もうどうしてフェイスブックでの写真が削除されたのか理由を知ってるんですよね?