SF映画に登場しそうなこの電動トラックは?

貨物運送会社"UPS"が、化石燃料を全く使わず電気だけで走る配送トラックを発表した。 長方形の箱がそのままトラックがなったようなデザインはまるで未来のSF映画に登場しそうな雰囲気だが、2018年後半には実際にこの姿でロンドンとパリ市内で走行を始めるという。

f:id:bryan0230:20180620111334j:plain

UPSが発表した新型のトラックは、英国技術企業"Arrival"と共同で実現したのだ。 35モジュールのバッテリーを搭載して、一度の充電で240km走行が可能であり、Advanced Driver Assistance Systems(ADAS:先端運転者補助システム)を搭載して運転者の負担を軽減できるようになっている。

 


スポンサードリンク
 

 

UPSは2016年からArrivalと協力して、多様な大きさの車の検討を重ねてきた。 UPSはすでに300台の電気トラックと700台のハイブリッドトラックを運営してきており、2009年以降7億5000万ドルを先端技術と代替燃料を搭載する車両の開発に投資してきたということ。

f:id:bryan0230:20180620111436j:plain

ちなみに海外で広く使用されているUPSの配達トラックはこんな感じ(写真上)。新しい電気トラックにも同じデザインデイストゥが含まれていることを知ることができる。

 


スポンサードリンク
 

 

世界のUPSの車両エンジニアリングを総括しているルーク・ウェイク氏は"UPS化石燃料に対する依存度を減らすことができる車を持ったArrivalとの協力を英国で進めました。 この先駆的な協業は、UPSが排出ガスを減らすための方法を開発する大きな力になります"と述べている。

 

f:id:bryan0230:20180620111521j:plain

f:id:bryan0230:20180620111546j:plain

UPSは欧州以外の地域でも、代替エネルギーを使用した車両に対する投資を進めており、2017年12月にはテスラの電気トラック"Semi"を125台の規模で予約注文をしていた。

 また、ArrivalはUPS以外にも車両の共同開発を進めており、英国の郵便会社"Royal Mail"用としても車両のプロトタイプを発表している。

 


スポンサードリンク