楽観的な人こそ健康なのは事実なのか?

毎日接するニュースの中で、私たちが楽観的にいることは、決して容易なことではない。 それでも科学的に見ると、肯定的な考えでいるのは、健康の増進に連結されていると考えてもよさそうだ。 楽観成果心臓健康の関連性を裏付ける新たな証拠だともいうべき研究成果が最近、英国の医学協会誌(BMJ)、オンライン医学専門誌"BMJ Open"に発表された。

f:id:bryan0230:20180620214951j:plain

この研究は、米国のラテン系住民に対する調査参加者4900人以上を対象に実施したもの。研究チームは、米心臓協会が定める指針"Life's Simple(LS7)"に出ている7項目(体質量指数、血圧、血糖、コレステロール、ダイエット、運動量、喫煙習慣の有無)を基準に、調査対象者の心臓血管の健康状態を確認した。

 また、楽観性については"改訂版楽観性尺度(Life Orientation Test-Revised、LOT-R)"に照らして評価した。 LOT-Rは、人生に対する全般的な考えを明らかにするための質問で構成される。

 


スポンサードリンク
 

 

質問は"将来が不透明も私はいつも最善を尽くす"、"僕はたいてい自分に悪いことよりはいいことが起きると思う"などが含まれている。 評価は、これらに対する答弁に従って、6~30点の点数で表示されて、数値が高いほど楽観的な人と思われる。

 

このような調査結果、"グループは半分程度は満足している"と考えていることにメリットがあると思われることが分かった。 もっと楽観的であるほど心臓血管の健康状態が良好という明確な相関関係が認めたのだ。

f:id:bryan0230:20180620215044j:plain

研究を主導した米国イリノイ大学のロジャルパヘルナンデス助教(社会福祉学)によると、成人の場合、楽観度が1単位増加するたびに理想的と思われる心臓血管の健康基準を充足する確率が3%高くなった。 基準項目のうち4つの項目以上でこのような結果を見せた。 また、"楽観助けて心臓、血管の健康との相関関係は調査対象者の先祖の出身国や年齢、性別、米国文化に適応度に関係なく一貫した"

 

この研究は観察研究であり、結果は、因果関係を示していない。 その点では注意が必要である。 しかし、確認された相関関係は留意しながら、肯定的な考えは心臓健康に少なくとも有益としたかつての研究結果とも基本的に一致している。

 

なぜこのような相関関係が見えるかについての内容は、二つの方向で説明できるだろう。 先に楽観的な人こそより積極的に健康になろうとしていると考えられる(もっと運動しようとして、いつもファーストフードに頼るのではなく、より良い食生活を志向しようとするなど)

 または反対にいい健康の恩恵を享受しており、一日中健康な状態でいられる人ほど、もっと楽観的になるだろうと考えられる。

 

また、研究チームによると、最も楽観的な人たちは"高齢で結婚またはパートナーと同棲中、教育水準が高く、経済的に恵まれている"という傾向を見ることができたという

 

f:id:bryan0230:20180620215156j:plain

-精神健康にも良い影響

 楽観性は心臓の健康に関連していることだけではない。 過去の研究によると、精神健康にも影響を与えかねないと指摘されている。 これは主に、楽観的であるほど人は人生で起こる様々なことにもっと適切に対処して適応できるためと分析される。

 

 楽観主義と健康の関係に関する過去の様々な研究結果を分析した結果によると、"楽観性は、心身の状態に大きな影響を及ぼしかねない。 それは楽観性がより健康な生活習慣や適応行動、認知的反応を促進するためだ。 また、楽観性は高い柔軟性と問題解決能力、否定的な情報をうまく処理できる能力も関連がある"

 

 つまり、私たちが目の前にいるものをどう見て、どんな選択をするかが、全般的な健康に大きな違いをもたらした可能性があるということだ。

 


スポンサードリンク