世の中を変えた五つの隕石!

私たちの地球は様々な多数の天体たちに囲まれており、毎日、隕石が地球に落下している。 落下している大半の小さな隕石は大気圏で燃やされたり、人がない地域や海上に落下しているために誰も気づかずにいる。

 しかし、数百トンも出場した膨大な隕石は、地球に深刻な打撃を与えることもある。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180621154059j:plain

1. レグル(L'Aigle)隕石

昔の隕石は、神聖なものと見なされ、崇拝の対象になった。 1794年当時は隕石が宇宙から来たということが危惧されたが、1803年4月26日、フランスのノルマンディー付近のレグルに落ちた隕石費を詳細に調査した張バチスト秘奥が宇宙を祈願するものと報告してフランス科学アカデミーでその可能性を認めた。

 

f:id:bryan0230:20180621154147j:plain

2. キャノンディアブロ隕石

約2~万年前に米国アリゾナディアブロ峡谷で5~6km離れた地点に30トンの鉄隕石が落ちた。 この隕石で、直径1220メートル、深さ184メートルのアリゾナの噴火口ができた。

 

f:id:bryan0230:20180621154235j:plain

3. アエンデ隕石

1969年、メキシコのチワワに離れた、最も詳細に研究された隕石。の破片は、全世界の博物館で見ることができる。 この隕石の包有物は45.67億年前に形成されたもので、今まで発見されたものの中で太陽系で最も古いものだという。 また今まで知られていなかった新たな鉱物、小惑星のような宇宙のものの一部を連想させる物質が初めて発見された。

 

f:id:bryan0230:20180621154333j:plain

4.チクスルルブ隕石

メキシコに離れたこの隕石のために恐竜が絶滅したとされている。 6500万年前に小都市ほどの大きさの惑星が地球に衝突して、直径168kmの巨大な噴火口だけでなく世界中に地震、巨大な津波、火山爆発を起こしたことで知られている。 このために地球環境が劇的に変化して恐竜だけでなく、他の多くの生物が死んだという。この巨大な噴火口はユカタン半島のチクスルルブ村の近くにいるが、空でしか見ることができないため、比較的最近発見された。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180621154419j:plain

5.のチェリャヴィンスク隕石

2013年初めにロシアのチェリャビンスクに落ちた隕石は住民だけでなく、全世界を驚かせた。 1613人がこの隕石による衝撃波の影響を受け、その多くは、割れたガラス窓で負傷した。 入院した人員は40人から112人ほどであるといわれているが、すべて、重患室に入るほどの重症だったという。

 その衝撃波は建物にも被害を与えたが、被害総額は4億で10億ルーブルくらい…

 

最近になってチェリャビンスク湖の底で"チェリャビンスク隕石"の最も大きな破片が引き揚げられた。 重さは約570kgで知られているが、計量機故障のために正確な重さは分かりませんでしたけど、引き揚げられた破片は今まで発見された隕石の中でベスト10に入る可能性があるという。

 


スポンサードリンク