やはり植物はすごい! 木が持った驚くべき6つの能力!

植物は動物のように自ら移動できない。 声を高めることも、手を揺さぶることのできない植物がなぜ今日まで生きてこれたか・・・

 他の生物が交わす、意外なコミュニケーションで驚異的な殺傷能力を持った木、自殺の木などの樹木に感嘆せざるを得ない驚くべき秘密を持っている。

f:id:bryan0230:20180621214828j:plain

1. 驚くべき殺傷力、爆発する木

 フラは葉、の皮、カボチャの種類など、各地に毒を隠している。 30m程度の幹にとげが建て込んでいた上、その種は凄い勢いで爆発して近づく人を破壊する。 さんを40m四方に撒くために、この木には有利な...その速度は危険きわまりない~~

 死んだ種は時速240kmに達し、付近にいた人が言葉どおり"迎えた"場合、重傷を負うこともできる。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180621214922j:plain

2. 自殺する木

 この新型の椰子の木は子孫を残すため、自分の首を締め付ける。 受粉媒介者を集めるため、全心全力で挑戦するために、すべての栄養素が不足するようになり、実を結んだ後、まもなく衰えてしまう。 この木が偶然発見されたのはマダガスカルカシユー農場だが、発見当時はびっくりしたのだ。 高さ18mの幹は5m程度の繁茂してピラミッド模様のその姿は宇宙からも見えるほどの巨大ということ。

 

f:id:bryan0230:20180621215006j:plain

3. 肥料を作り出す木

 伐採された木に知ることができない能力があることが発見された。 全体構造は不明だが、残された切り株が窒素を空気中で集めて、これを通じて、周辺を肥沃にすることだ。 熱帯多雨林の木は特にこの能力が優れている。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180621215121j:plain

4. 自ら枝を切る木

 木は人間のように体に負った傷を復旧しても出来ない。 健康を維持して生存するため、エネルギー効率を高める必要がある。 回復は、資源の大きな損失仕事しかない。 それで絆創膏を付けて傷を治療する代わりに、この木は負傷した部分に養分が入らないようにして、そのまま諦めてしまう。 その長所は2つがある。 木全体が感染する危険性がある細菌を完全に除去することと、貴重なエネルギーを他の部分の成長に向ける恐れがあるということだ。

 しかしながら、切断は絶対確実な生存の秘策はない。 時には傷が大きすぎたり、感染されてしまったりといって病気や腐って結局、しおれてしまう恐れもある。

 

f:id:bryan0230:20180621215206j:plain

5.分子の記憶を持った木

 遺伝的に同一のポプラの研究において、それぞれの標本が過去の経験を踏まえ、現在の環境に反応していることが分かった。 これは分子レベルで一種の記憶が存在することを示している。

 研究陣はポプラから挿し木の順を採取した。 この標本は二つ名上で購入したことを除いては同一の実験方法が利用されている。 栽培された挿し木の順の遺伝子、鐘、環境が同じたというのがその反応の違いを知るのに一役買った。

 どんな標本について人工的な日照りを作り出す一方で、他の標本に十分に水を与えれば、どのポプラも遺伝的には同じするために類似した反応を見せるものと研究員は予測したという。 しかし、カナダのアルバーターで得たのは、サブキャッチャー員のとは異なり、"日照り"に対する対応で他の種類の遺伝子を活性化させたのだ。 この事実は植物が故郷を"記憶"していることを示唆している。

 

f:id:bryan0230:20180621215302j:plain

6. 放火の木

 "ガソリンツリー"というニックネームを持ったユーカリは、大きな火事に対する備えに万全を期すべきいう言っても過言ではない。 多様なリボンの形をした木の皮が乾燥にはげおちば、いたるところに薪をつけているようなもので、これが生成する可燃性は油よりも危険な代用品だ。

 

この二つの組合によってユーカリの木は消防官の天敵とも言える存在になる。 小さな火種が過度に大きな火災につながるのはたったの何分。1991年カリフォルニア州オークランドヒルズで起きたユーカリによって起きた火災では、3,000世帯と25人が命を失ったと。

 


スポンサードリンク