秘密を持って死んだ人たち!.

誰にも人には知らせたくないものがある。 秘密が一つもない人はこの世に誰もいないはずだ。 ほとんどの場合このような秘密は本人にだけ重要で、世界を揺るがすほどではない。

 しかしその中には、歴史的に重要な秘密もある。 もしその秘密が明らかになれば、人類文明の歴史を大きく変えるほどに至るまですごい。

 


スポンサードリンク
 

 

ここに紹介する人物たちはその内容に関して現在まで様々な憶測が飛び交っているが、その秘密を意図的に又は人たちに話す前にこの世を去った科学者たちと秘密を私は重要人物だ。

f:id:bryan0230:20180623100543j:plain

-アルネボリン:鉄壁の暗号機器"T52"の解読法

 2次世界大戦当時、欧州ではナチスノルウェーを侵攻、ソ連フィンランドに対して軍事作戦を展開していた。 両国の間にいたスウェーデンは中立を貫徹のどちらにも加担せず、情勢がどのように流れるのか、耳を尖らせていた。

 

ドイツやノルウェー間の通信回線は当時最先端の暗号化技術を使用したが、スウェーデンはこれを解読するが成功。暗号機エニグマ(Enigma)は優秀だったが、第2次世界大戦最高の装置ではなかった。 そのため、ドイツのジーメンス社はT52という高級暗号化装置を開発。最高に複雑な暗号を生成できるT52は非常に重要機密の伝達にだけ利用された。

 


スポンサードリンク
 

 

これに困惑したことがスウェーデン。T52が生成する暗号文をとうてい解決ことができなかった。 その時登場したのが数学者アルネボリンイダ。 彼は任務を務めて2週間ぶりにその解読に成功。しかし、その方法については今も謎のままに残っている。 結局、誰も知らず、アルネボリンは死亡。最近も研究が進んだが、まだ成功しなかった。

f:id:bryan0230:20180623100653j:plain

-モリスワード - 不滅のプラスチック製造方法

 火炎に包まれた飛行機を見た後、英国の発明家モーリス・ワードは何でも耐えられる素材の開発に決議することになる。 そして生成された耐熱プラスチックは10,000度の広島型原爆75個分に相当する衝撃を耐えられるようになる。 また、軽くて整形も容易だった。 スターライトと命名されたこのプラスチックにNASAが大きな関心を示したのも当然だった。

 

しかし、ワードは、一部企業が正当な補償なく本発明を無断で利用しようとすることに不満を抱いて、この秘法を公開しないことに。その後は2011年に死亡。生前にその製法について、"21種の有機ポリマーと鼻ポリマー、少量のセラミック"と話したんだけど...あまりに情報が少なく、実現不可能という。

f:id:bryan0230:20180623100752j:plain

-ニコラ・テスラ - 無線電気送電装置

 

インターネットという大きな発明のおかげで、もう来てニコラ・テスラが誰なのか説明しなくてもよいかもしれない。 しかし、分からない方たちのために、簡略に紹介すると、交流電流はエジソンの直流電流よりもっと実用的で安全な電流だが、それを発明した人物だ。 以外にもテスラコイル、無線送信機、蛍光灯などを発明した実績があり、米国最大の電気技師1人として挙げられる。

 

しかし、彼の代表的な発明とされるのは完成されなかった。 つまり、ワイヤレスで電気を送信する装置である。 1905年、彼はJPモルガンの資金援助を受けて、ワデンクルライフタワーの建設を開始。これは上空の電離層とその下の惑星全体を伝導体に利用するものであった。 しかし、米国を襲った経済不況ゆえに完成に達することはできなかった。

 


スポンサードリンク
 

 

1943年テスラは死亡するようになり、その後も多くの人々がテスラのメモを元に実験の再現を試みたが、成功する人はいなかった。

f:id:bryan0230:20180623100914j:plain

-ヤン・スロート - 革新的なデータ圧縮技術

 オランダの電気技師ヤン・スロートは1990年代初め、史上最も効率的なデータ圧縮方法を発明したと発表した。 これは10ギガバイトの動画を画質の低下なしに8キロバイトのまで圧縮可能という。1999年7月11日、心臓発作で急死していないなら、データ伝送に革命を起こしたのだ。 彼が死亡した日はフィリップスと契約を締結する1日前。

 

それでも諦められなかった全CEOローウェルペボはスロットデジタルコーディングシステムの買収を推進する。 この運命によってこのシステムを公開しないように決まったようだ。 システムが作成された鍵フロッピーディスクが紛失、徹底的に捜索したが、発見されなかった。

f:id:bryan0230:20180623101002j:plain

-アントニオ・ストラディバリ - 完璧な楽器の製法

 クラシック音楽を好きな人なら、アントニオ・ストラディバリについて知ってることだ。 彼は1644~1737年に住んでいたイタリアの弦楽器製作者である。 約1,100個もなる楽器を製作したとなっているが、現存するものは650個程。 また、そのうち500個はバイオリンである。 現在、最も高いバイオリン12個のうち5個程度が彼の作品であり、その頂点にいる"メシア"は20億ウォン相当の価格がついている。

 

その製法は現在伝わっていない。 ストゥラディイ自分の楽器作成法について秘密を明らかにしていないために....昔から科学的な研究対象になってきたこと、版の厚さや接着剤、樹脂、または光沢が、天上の音色が秘訣がなりうることもあるが、確かなことは知られていない。

f:id:bryan0230:20180623101048j:plain

-ジェローム - 両足が切断されたまま、サンディコブの海辺に倒れていた男

 

1863年9月8日、カナダノバスコシア州のサンディコブの浜辺で、ある男が発見された。 この男性は両膝下が切断されており、傷口には包帯が巻かれている状態。名前を聞くと耳にすることができた声で"ジェローム・"だと…。 その次はまったく聞き取れない不思議な動物の声を払ってばかりした。おそらく脳に損傷があるものとみたということだ。

 

数年間、変わり者で広く知られて他の地域で見物に来ている人まで現れた。 そして1912年、自分について一切言わずこの世を去った。 どこから来たのか、なぜ足がないのか...

 


スポンサードリンク