神として崇敬された動物8つ

宗教では必ず神の姿は人間に限定しない。 神様は、木や岩、雷、さらに、動物の姿を選択することもできる。 つまり、顕現(顕現)は神様が具体的にどのような形を取るのかに過ぎない。

 神様と女神と結びついて、神聖視される動物がいる。 信者によってして崇められて大切にして、時にはショッキングな方法で犠牲される場合もある。 彼らのうち、神様が宿っているものと信じている動物の例も...

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180623113201j:plain

■ワニ(エジプト、ワニペチュコース)

 セベク神は古代エジプトの神、ナイル川に生息していたワニと深い関係がある。 ワニの頭を持った人間の男またはワニの姿が彫刻と絵に描かれている。

 

f:id:bryan0230:20180623113247j:plain

■牛(エジプト、牡牛アピス)

 

エジプトのパンテオンは、多様な動物の頭を持った動物神として不足はない。 アピス神はまるで牛の姿、そのものだがまさに神である。

 アピス神は永遠と宇宙的な安定を象徴するために、未来永劫を考える、エジプト文明にますます重要になった。

 

体は黒く、額に白いダイヤモンド、腰に鷲の表示がある。 舌の下にはコガネムシのようなマークがある、しっぽは毛で覆われてぶら下がっている感じ。この新しい牛に神として認められれば、華やかな船に乗せてナイル川の新しい家に運搬、祭りを開催して獲得する。

 

f:id:bryan0230:20180623113333j:plain

■ ネズミ(インド、カルにまた社員ネズミ)

 

信仰対象ではないが、インドカルにまた寺院で二万匹のネズミが神聖にされている。

 15世紀カール、マータラてしている女性が現れ、戦いの女神ドゥルガーの化身と思われた。 その土地の支配者はドゥルガーの力を利用して要塞を築いて外敵の攻撃に備え聖戦を建てて彼女の名誉に報いた。

 

支配者家門の子供が死んだ時、ドゥルガーに蘇らせてほしいとお願いすると、その願いは捉えられているが、、亡くなった家門の人が人間に再び転生するまで、ネズミの姿に戻ってくることを約束させた。

 現在、インド北西部のラジャスタンにあるカルにまた社員では、ネズミが大切に扱われていて、参拝者たちから餌を豊富に食べている。

 このネズミは幸運の表示とみなし、器に水を飲んで、彼らの生ゴミを食べようとしている人たちもいるという。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180623113506j:plain

■ 蛇(マレーシア、ペナン島のヘビサ)

 蛇の寺院で有名なマレー半島のペナンにある、アズールクラウド社員は徳の高い仏教の意思のキューシューボールを称える意味で建立された。 彼はその神聖さのために、クサリヘビなどの毒蛇を除去するのではなく、彼らを隠して守ったという。

 

f:id:bryan0230:20180623113557j:plain

■塩素(ネパール、コカやヤギ)

 

コカ私の塩素は非常に優遇されている。 彼らはネパール村を貫いて辺りを歩き回っているが、自動車も自転車も彼らを避けて走る。 ここヤギはドゥルガーの化身の女神ルドラヤニに仕えることになっている。

 彼らは自由に望む場所を歩き回りながら、希望する場所で草を食べているが、彼らを意図的にまたは偶然に傷つけたりすると、女神の呪いがかかるという。 塩素を疎かにした呪いは死亡をもたらす恐れもあるようだ。

 

f:id:bryan0230:20180623113645j:plain

■牛(インド、ムジャパルやガルの牛)

 

インドでの牛の立場が、政治的の時悲劇的な事件を起こす原因になる。 多くのインド人たちは牛を殺すことは絶対禁止で、牛肉を食べる人は群衆にリンチを受けることになる。 牛は特別な生物であり、神そのものだと考えている。

 ムジャパルやガルでは、今年、頭蓋骨が変形した牛が生まれたが、どのような人はそれを人間の顔と似ていると思った。 子牛は生まれてすぐ死んだが、奇跡の牛として多くの人たちが一目見ようと駆けつけたという。

 子牛をビシュヌの転生だと考える人もいて、先天性以上に生まれたものと現実的に判断する人もいた。 子牛が生まれた避難所の管理者は、子牛を火葬して社員を建てる考えだ。

 

f:id:bryan0230:20180623113743j:plain

■熊(ロシア、鈍族の熊のお祭り)

 

東部ロシア仁部族はシャーマニズムを信じていて、熊を特別に神聖な動物と考えている。 彼らにクマは先祖と神、みんなの発現と考え。直接神に祈りをするため、熊をお互いに分ける長い儀式を行う。

 若い熊を握った村の女性たちが自分の子供のように大切に育てて何年後、クマ祭りを始める。

 

熊を楽しませてくれる祭りを開催、熊は意識の衣装を着て凍った川に建てられた柱に連れて行かれことになる。 そこで鎖で熊を縛って若い男性らが弓を発射する。。そして熊は解体され、数週間にわたり、人間の食糧になる。 クマの霊魂が神に戻って二歩の繁栄が保障される。

 

f:id:bryan0230:20180623114124j:plain

■ハイイロガン(古代ローマ、湯のハイイロガン)

 

ガチョウは騒々しい鳴き声を出し、翼を靡きながら脅威してこられて、早く餌を横取りするために、くちばしを利用することもある。 したがって、警備犬のように使われことができる。 本来この門衛ハイイロガンは古代ローマに存在し、彼らが村を救ったのだ。

 


スポンサードリンク