ウォールストリートの伝統ステーキ、億万長者を向けた"秘密メニュー"

デルモニコス(Delmonico's)は、ニューヨーク証券取引所で何ブロック離れたところにあるステーキ専門店。開業は1837年、座って食事するタイプのレストランは、米国で最も歴史がある店の一つだ。

 

同店はステーキで有名だが、メニューに載っていなかった特別メニューもある。"シークレットビリーくるアズメニュー"という非常に高いメニュー。例えば、グリルドチーズサンドイッチは100ドル、クラシックブラック&ホワイトクッキーを金箔でアレンジしたのは50ドル。

 


スポンサードリンク
 

 

"ウォール街で働く人が常連。いつもお互いの先にくるとしている人たち"と総料理長ビリーオルリパ(Billy Oliva)氏は語っている。
秘密メニューについて調べてみよう。

f:id:bryan0230:20180623131532j:plain

▲今年で180周年を迎えるデルモニコスは、米国で最も歴史があるレストランの一つ。 マーク・トウェイン(左)とリンカーンもここで食事をした。

f:id:bryan0230:20180623131610j:plain

▲写真は1800年代後半、厨房を総括していたチャールズ・ランホプ(Charles Ranhofer)さん。デルモニコースによると、彼はこのエッグベネディクト、焼いたアラスカ、ロブスターのニューバグソース添加、チキンアラキンなど今でもメニューにある食べ物を作って出した。

f:id:bryan0230:20180623131645j:plain

▲ ウォールストリートの人たちに、今も人気だ。

f:id:bryan0230:20180623131725j:plain

▲現在、厨房を総括しているのは、総料理長ビリーオリバー・氏は、この店の"億万長者"メニューは、デルモニコスの職員たちの間では公然の秘密だと話した。"バーテンダーもバーのウェイターも知っている。 きっかけは何か他のものを食べたいという客の要請"

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180623131827j:plain

▲一番高いものは、"ビリーくるアズフラットブレッド"。150ドル

f:id:bryan0230:20180623131914j:plain

▲牛肉、エビ、フォアグラ、松露の、さらに金箔をトッピング

f:id:bryan0230:20180623131951j:plain

▲"ウォールストリートのグリルドチーズ"は100ドル

f:id:bryan0230:20180623132025j:plain

▲そのまま焼いたチーズサンドイッチがない。 材料はScharfe MaxxとLetivazのチーズ、18時間にわたってゆっくりと焼いた手作りのベーコン、黒いトラッフル、イチジクからし

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180623132106j:plain

▲ブラック&ゴールドハーフムーンクッキー1個50ドル

f:id:bryan0230:20180623132152j:plain

▲クラシック一ブラック&ホワイトクッキー。金の粉とシロップを混ぜて作る。

f:id:bryan0230:20180623132230j:plain

▲35ドルの"ビリーくるアズミルクシェイク"はチョコレートとコーヒーの2種類の味がある。 トッピングはアイスクリーム、キャラメルポップコーン、チョコレートガニシュ...

f:id:bryan0230:20180623132309j:plain

f:id:bryan0230:20180623132333j:plain

▲デルモニコースの"秘密メニュー"を注文すると、とにかく相当した金額となる。 でも"億万長者の気分を味見ることができる"と耳打ちしている。

 


スポンサードリンク