スマートフォンが歩き方を変化させる?

歩きながらスマートフォンを見る人たちは、変な歩き方になることが確認された。

 英国・アングリアラスキン大学で行われた実験で歩きながらスマートフォンをしている人たちは、障害物を見る時間が普通歩行時より最大61%減少して、障害物を超える場合、足をもっと高く掲げてもっとゆっくりしているのが分かったという。

 


スポンサードリンク
 

 

-歩きながらスマートフォンの際、落ちて危険を下げるため、誇張された動作をする?

f:id:bryan0230:20180624092336j:plain

アングリアラスキン大学の研究者たちは、被験者にスマートフォンへ文字を入力したり読んだり、電話をしやすい、障害物を乗り越えてほしいという実験を実施した。

 その結果、歩きながらスマートフォンをする時、障碍物をほとんど見ないて、スマートフォンを使っていない時と比較して、障害物を見る時間が最大61%減少した。

 またスマートフォンへ文字を入力し、障害物を越えた時は足を18%以上引き上げて、40%ぐらいゆっくりしているのが確認された。

f:id:bryan0230:20180624092428j:plain

これは普段より大きな動作で慎重に障害物を乗り越えるためのもので、前途への危険を最小に維持しようとしている門という。

 


スポンサードリンク
 

 

-歩きながらスマートフォン使用者のための道路は必要なのか?

f:id:bryan0230:20180624092622j:plain

今回の調査結果をもとに、・アングリアラスキン大学のマシューティミス博士は次のように述べた。

"携帯電話を使用して底を確認する頻度と時間は減るものの、、私たちは時間的探索行動と歩行スタイルを適応させることで、止まっている障害物を安全に避けられるようになりました。

歩きながらスマートフォン市の事故が起きる可能性が高いのは、歩行者や自動車など予想できなかったのが突然現れた結果です。

 

f:id:bryan0230:20180624092750j:plain

中国ではすでに一般報道とスマートフォンを使用する人のための専用の歩道を区分しており、欧州の多くの国家では、歩行者道路と線路の存在を知らせるために警報機を地面に設置。
彼らは未来の事故を減らすのに役立つ。

 このような道路の整備及び警報機の設置により確実に事故が起きる確率は減るものの、やはり重要なことは互いが歩きながらスマートフォンをしないように意識することがもっと重要ではないか?

 


スポンサードリンク