ストーンヘンジはピタゴラスの誕生2000年前にピタゴラスの定理を使用?

f:id:bryan0230:20180624235346j:plain

"ピタゴラスの定理"は紀元前570年に生まれた古代ギリシャの数学者ピタゴラスによって発見されたが、イギリスの遺跡"ストーンヘンジ"の建造者はピタゴラスより2000年早くピタゴラスの定理を活用したという説が流れている。

 


スポンサードリンク
 

 

Wooden Booksが出版した書籍"Megalith"で、考古学者ロビン・ハース氏の研究チームは、ストーンヘンジを作って新石器時代の人々が月と太陽の盈虧(月の満ち欠け)と日食の周期などを理解するなど、複雑な天文学の知識を持って天体のカレンダーを基盤にストーンヘンジを作り出したと結論づけた。

f:id:bryan0230:20180624235438j:plain

本の中ではストーンヘンジと彼と関連した建築物との位置関係は"ピタゴラスの定理"が適用される例があるとも指摘されている。 ストーンヘンジが一列に建てられた成真自体が原型はないが、ロープやペグを使用して約83センチの"Megalithic Yard(巨石ヤード)"単位で配置されてピタゴラスの定理が成立される様々な例題があるということだ。

 またストーンヘンジと関連がありうるインバネスコート司祭社員、ケスルリジログストーン・サークル、Borrowston Rigなどの位置関係を見ると、それぞれが直角三角形を描いたものと知ることができ、古代人がピタゴラスの定理を活用していたと推測している。

 


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180624235543j:plain

ストーンヘンジは紀元前2500年から紀元前2000年に作られたと考えられているために本当にピタゴラスの定理が適用されていたとすればピタゴラスの発見よりも最大2000年前に整理の内容を応用していたのだ。

 

f:id:bryan0230:20180624235628j:plain

また、1年の中で一番昼が長い"最高点"の日にストーンヘンジを構成するヒル・ストーンという玄武岩と中心にある旦夕を連結する直線上に昇る太陽が、ストーンヘンジで延長されている道(アベニュー)が夏至の太陽が昇る方向を示すことなどから、ストーンヘンジ夏至の関係が知られている。 このためにMegalithは2018年6月21日、夏至に発行されている。

 


スポンサードリンク