人間の死体が宇宙に新たな生命体を誕生させる?

いつかは必ず起きる。 宇宙で宇宙飛行士の死だ。
火星に行く途中にそうかもしれない。 他の惑星に単独で航海中かもしれない。 出入り口で、宇宙に投げられた結果かもしれませんし。色んなことを考えて見ることができる。

 その遺体(または死体を乗せた宇宙船)は、数十年間、ややもすると、数百万年の間、宇宙を放浪しかもしれない。 真空の中でかすかに浮遊して、それは這っているツタのような重力にひかれて最後の着地する時までずっと....

 


スポンサードリンク
 

 

しかし、もし惑星に到着したとしたら? 風に載って植物の種のように、その遺体が新しい世界に生命に起源がなれるのか?

f:id:bryan0230:20180625092516j:plain

-人間の遺体が宇宙環境で生存できる微生物をどこかの惑星に伝達することはできるだろう

 人間の遺体が宇宙を漂う生命の種になるのはおよそ二つを想像することができる。

 生きている微生物を伝達したり、そのようなウイルス、バクテリア(細菌)胚芽の種類が中間にすべてが絶滅した場合に遺体成分によって新たな生命の創造の炎が生まれるであろう。 それとも....両方とも可能性がある。

 "もし質問が"死体が宇宙環境で生存できる微生物をどこかの惑星に送る状況が起きたら?"なら例と答えます"とルイジアナ州立大学の細菌生物学者のゲリー・キング氏。厳しい環境で暮らす細菌の専門家だ。

 

-体は仮死状態で長期間生存可能なバクテリアで満たされる

 キングは、人体は仮死状態で長期間生存することで知られている細菌に満ちていると言う。 このようなバクテリアは宇宙に似た極限の乾燥した環境でもいける。

 "永久凍土でも細菌を採取することができます。 そのような有機体は人事不省になって100万年を買うことができます。 特に問題の移動が火星のような近い所だとするなら、人の体内にある細菌の芽胞は確かに生きています"と説明する。

 

f:id:bryan0230:20180625092605j:plain

-人間が遺体が媒体になるための三つの要素

 遺体が他の惑星まで細菌を連れてきている宅配作業になるかどうかは大きく三つの要素があるということだ。つまり、遺体の勇気、保管の環境、移動時間だ。

 

第一に、もし遺体が捨てられたら幸運だ。 宇宙空間を漂う死体を想像しているものならば、それは、すぐどこかの惑星の重力に引かれて大気圏で燃えてしまっている。 したがって、遺体は宇宙船と同じ容器に入っていないといけないし、それでも大気圏突入は非常に破壊的だ。 さらに、細菌が新天地で拡散で着陸したり、その後に宇宙船が行われなければならない。

 


スポンサードリンク
 

 

第二に、遺体の保管について考えなければならない。 氷点下より少し高い、水分を液体状態で維持する温度なら理想的だ。 細菌が巨大な有機物を分解する速度には限界がある。 線虫やカブトムシなど分解を助ける動物がなければ、人体はまさに数千年と言われている細菌が無数に多くの世代を結びつける唯一の燃料を提供するものである。

 しかし、このような条件は必要条件ではないのかもしれない。 面白いのは、細菌の培養を長期間保存するときに基本的に凍結乾燥することだ。

 

f:id:bryan0230:20180625092654j:plain

保存する培養を凍らせ、さらに乾燥させる。 こんなにペレットになったことを運ぶ場合、これを再び水分を与えて成長させる。 宇宙が自然凍結乾燥装置であることを考慮すると、細菌の貯留に、そんなに悪い環境がないと想像に難くない。保存する培養を凍らせ、さらに乾燥させる。 こんなにペレットになったことを運ぶ場合、これを再び水分を与えて成長させる。 宇宙が自然凍結乾燥装置であることを考慮すると、細菌の貯留に、そんなに悪い環境がないと想像に難くない。

しかし、何よりも最も大きな要因は、三度目の要素、遺体の移動時間かもしれない。


遺体が一般人工衛星の速度で移動すると仮定すれば、太陽系内のバクテリアが生存している範囲内にいるのは確かだ。 しかし、他の恒星系に到着するのにかかるような数百万年という時間単位で考えるなら、放射線が足かせになる。


遺体が宇宙をさまよう時間が長くなるほど、宇宙船の被ばく量も増えることになる。 DNAとRNAの突然変異を産むのにに十分だろう。 このような突然変異を発生する頻度と同じスピードで復旧しないほど生存可能性は疑われなる。


バルサソンに対する保護がほとんどない状態で数百万年という条件を考えれば、細菌が生存する可能性は非常に低い。 しかし、不可能ではないとキングは言う。 人体に無数に存在する細菌の団地1つが生き残ればいいとした。

 

f:id:bryan0230:20180625092757j:plain

-有害細菌全て死んでしまっても新しい生命を誕生させる可能性はある

 それでは死体が無事に目的地に到達し、もし細菌が全員死亡してしまった場合は?すでに息はないが、アミノ酸、タンパク質や脂質、炭水化物が多く残されていてこれで新しい生命を誕生させることはできないのか。

 

ノーベル賞を受賞したハーバード医学大学の遺伝学研究だったジャックショスタク氏とグラスゴー大学で生命の起源を研究する化学者リークローニン氏はこれに同意する。 しかし、条件は完璧でなければならないということ。

 

"環境条件が生命の誕生に完璧に一致したなら、腐敗する宇宙飛行士から放出された分子が新しい生命の起源を吹き込んでくれる可能性はあります"と言うショスタクさん。つまり、遺体は、花火自体がないにしても、マッチと似ているというのだ。

 

結論は.....とても難しく、すべての状況が絶妙に適中しなければ不可能としますが…

 しかし、あくまで仮説だが、地球上の生物さえもそんなに誕生したかも知れないということだ

 


スポンサードリンク