火星でのビール製造?出来るの?

f:id:bryan0230:20180625113315j:plain

ビールの生産で世界最大企業エンハイジョブッシュ・インベブ(AB InBev)は12月4日、地上から約400km上空を飛行する国際宇宙ステーション(ISS)にビール麦の種を派遣するという。 すでに表明した"世界初の火星で製造するビール"の実現に向けた実験をする目的だと。

 


スポンサードリンク
 

 

"バドワイザー"などで知られるAB InBevは今年3月、テキサス・オースティンで開催された大型イベント"サウスバイサウスウェスト(South by Southwest)"で火星でビールを製造する計画を発表した。

 フロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地で発射される"スペースX CRS-13"ロケットにより、自社で所有している品種のビール麦の種20卵をISSに送って、微細重力状態に対する適合性を調査する。

f:id:bryan0230:20180625113416j:plain

ビールの主要原料は麦芽とホップ、水、酵母の4つ。 その一つだった麦芽は麦を発芽させたのだ。 実験は重力の影響がほとんどない微小重力状態で麦の種がどのように発芽されて、環境にどのように反応するのかを観察。AB InBevの研究陣は、実験の結果を通じて、微細重力状態、または宇宙空間における麦保管の可能性として大規模な新型開発計画に実験結果を生かせるかどうかを判別。

 

気温が薬マイナス125度で21度くらいまで変化する火星で、軽快なビール瓶を切る音を出し、一気にビールを飲み干した想像をしてみるのも面白いかもしれない。

 

 


スポンサードリンク
 


しかし、実験のことより、実際に土地を上陸できるかどうか、宇宙が麦の保管に適した温度と湿度なのか、発芽した麦が地球上でのように発芽2週間、少なくとも15~25cm程度まで成長するかどうかについたものがもっと気になる。

f:id:bryan0230:20180625113509j:plain

ISSに送るビール麦の種は約1ヵ月間、軌道に滞在して地球に帰った後にはコロラドにあるAB InBevの研究施設で分析が行われる。 会社はISSの研究施設を管理するNPO法人の宇宙科学振興センター(CASIS)、米国の国立研究所内に商業研究部門を設置している民間企業のスペースタンゴ(Space Tango)とも連携している。

 


スポンサードリンク