世の中で最も多く使用されたロシアの小銃AK-47カラシニコフ

f:id:bryan0230:20180626013334j:plain

世の中で最も広く使われた自動小銃AK-47カラシニコフだ。
ミハイル・カラーてコープが設計したソ連軍の自動小銃だ。
東ヨーロッパ諸国で冷戦中、しばしば使用された。
そしてソ連ライセンス生産を乱発した結果これは世界で最も広く使われる銃になった。

 


スポンサードリンク
 


今もどこかで誰かはこの銃で人を殺している。
M16/M4に匹敵するFPSの定番メニュー。また、M16シリーズとともに、以降、開発されたすべての小銃の起源となった。

 

f:id:bryan0230:20180626013646j:plain

一部の専門家たちはAK-47は300m以内だけで世界最強の兵器と言ったりもする。
有効射程距離が短い短所がある。
(しかし、ほとんどの歩兵戦闘はお互いが見える3~500mで行われる。)

 

 


スポンサードリンク
 

 

信頼性が高い小銃で有名だ。
極限状況でもうまく作動する。
砂がついても、払い落としたら発射することに問題がない。
高温に長くおいても銃身が曲がっても作動する。
寒いところでも道理でうまく発射される。
ベトナム戦争で六ヶ月以上水に浸かっていたAK-47を使用した実際のストーリーが存在する。

 

7.62×39ミリ弾を使用して殺傷力が優れているが、7.62x51mm NATO弾をはじめ他の同様の口径の小銃弾よりは弱い。 反動の減少のため、長さを短くして火薬も半分程度だけが入るからである。 重さが弾倉含め約4.8kgなので少し重いが、これにより反動が減少する。

 

f:id:bryan0230:20180626014324j:plain

 

現在、地球上に存在するAK-47、AKMは約1億個程度と把握されている。
ただ、これは正式に生産された製品で、不法コピーなどで作られたものまで合わせると、2億個存在すると推定される。
現存する銃器の中で1/5がAKであるわけだ。

そのコピー版の中でかなり有名で多く使われたことで有名なのがイスラエルだが、AKを基に分かれ小銃を開発して命中率と堅固さを同時に得ようとしたが、依然としてAKに比べたらよくない面があったという。

 


スポンサードリンク
 


まだいろいろ改良型が開発されている。 一方、南アフリカ共和国はまた、この分かれるをライセンスしてr4シリーズで使う、後にはIMIが放棄すると、南アフリカ共和国側で権利を買い入れてCR-21のような不法小銃を作ったこともある。

概ね第3世界で使うというイメージが強いが、意外に西欧圏でも使用する。 さらにはドイツさえ、同銃の優秀性を認めた。
統一後に東ドイツの装備をすべてただで手渡さたドイツ連邦軍さえ東ドイツに残されたAK製作設備を利用して5.56mm AKのStG-940を作って制式小銃で採用することを検討するほどだった。 旧西ドイツ地域の銃会社の反発で行われなかった。

 


スポンサードリンク