サウジアラビアの女性の運転差し止めと女性の人権問題

f:id:bryan0230:20180626114700j:plain

サウジアラビア女性差別は非常に深刻だ。 世界で唯一いや、中東アラブ圏で唯一女性に自動車運転を許可しない国家であり、女性に自動車運転を教えたり運転免許を発行しない国家で悪名が多かったが2018年6月から女性運転を許可することにした。

 


スポンサードリンク
 

 

サウジアラビア女性は百貨店には女性更衣室がなくてトイレで服を着替えなければならず、生理中の際にはコーランに手を当てられない。 外出する時はアバヤ(伝統衣装)で全身を問わなければならず、問わなければ不信者娼婦の取扱いをしながら、1960年になってからこそ女性たちも大学に行くことができるようになり、女性たちの海外留学も、アラビアの姫事件で禁止されており、女性13%だけが職業を持った状態であり、女性は一人で銀行口座の開設もならず、女性の運転が禁止された全世界で唯一の国だ。

 

f:id:bryan0230:20180626114709j:plain

そして治療が緊急の時にも男性保護者の許しを得なければ治療が可能である。 その他にもサウジアラビアの女性たちは学校に登録したり、職業を探すか、海外旅行を行く基本的な活動をする時も夫や父親、男兄弟の許可を受けなければならないほど強力な規制を受けている。 最近はサウジアラビアの女性たちが自分のSNSを通じて非難しており、不満がますます大きくなっている。

 

それでも上に列挙した問題の中でトイレで着替えるのが何かという反発があまりにも激しいと、一部の百貨店では更衣室をつくらせた。

 


スポンサードリンク
 

 

その他、女性たちは見知らぬ男性と対話を交わすことはもとより、一緒に席をすることもタブー視されている。 それでショッピングモールや街のような公共場所で男性と女性が並んでいけど、なんか夫婦がそうではないようならば容赦なく宗教警察が現れ、身分証の提示を要求する。 もし夫婦がない場合、自国人は鞭打ちれて刑務所行きであり、外国人は追放をうけることが日常という。

 

f:id:bryan0230:20180626114719j:plain

 

また、買い物しため列を立つ時にも、親戚や姻戚がない限り男女が別々に列に並ばなければならない。 男子用線と女性用の列が別にある。 宗教的に閉鎖的という、カタールクウェート、イラン、アラブのエミレーツ・、ブルネイもこうしていない! さらに、サウジアラビアではマクドナルドでも男と女が列を別に立つという。

 

また、全世界でイランとともに男女共学が一ヵ所も存在せず、初め/中/高等学校が、いずれも男子校、女学校に分かれている。 ただ、大学の場合は2009年に最初の男女共学の学校のキング・アブドラ・科学技術大学が開校していたものである。

 

f:id:bryan0230:20180626114732j:plain

バレンタインデーもサウジアラビアでは不法だ。 バレンタインデーの贈り物になりかねない花、チョコレート、赤い色が入った製品、ハート型の製品をバレンタインデー期間の間には販売を禁止させて、バレンタインデーを守った人を取る宗教警察たちが闊歩するなど、国家的に保守的な性向が強いというのが端的に見られる。

 

SNSや電話を通じて付き合うことまで防ぐことはない。 結婚の場合、仲人たちが家族同伴のもとになって見合いを見るように行われる。

 


スポンサードリンク
 

 

女性スポーツも禁止されたが、それでも2006年サウジアラビアでは製茶・ユナイテッドの総合スポーツチームが誕生したが、ここでは女性サッカーとバスケットボール、バレーボールチームを運営している。 ヒジャブを使うことはしても女性がスポーツをしてプレーできるというのはこのサウジアラビアでは想像もしなかったこと。このチーム運営を置いて、チームオーナーが反発する保守スコル聖職者たちとすごく口論をしなければならなかった。 それでも王室で認めて女性総合運動チームで運営中だ。

f:id:bryan0230:20180626114741j:plain

 

さらに、男性保護者制度という悪法と実行し、サウジアラビアの女性たちがSNSで男性保護者制度に抗議する運動を展開していて、しかもヒューマン・ライツ・ウォッチも、男性保護者制度を批判した。 サウジ王室のテレグラムにも男性後見人制度を廃止する嘆願も数百通伝送された。

 

さらに、サウジアラビアは、女は義務的にアパヤを負わせするなど、女性の人権が抑圧されたところなんだけど、ここで、ある30代の女性がアバヤ、ヒジャブをかぶっていないという理由で逮捕された。

 


スポンサードリンク
 

 

女性の人権が最悪の状況の中でもサウジアラビアでは、2017年2月5日に史上初めて女性の日記念行事が開かれた。 そして女性専用体育施設も生じた。 サウジは2017年5月5日に女性が公共サービスを利用する際、男性の同意を受けなくてもいいという勅令を発表した。 そして、サウジ王子が女性も、まもなく運転できるだろうと明らかにした。 そしてサウジ政府は女子生徒たちが体育の授業を受けられる措置を実施する予定だ。

 

サウジはある一人の女性がSNSにミニスカートを着て歩き回った映像をのせたとたんにSNSで議論に巻き込まれるようになった。 その後、サウジ当局によって逮捕されていたが、以後、釈放された。 そしてサウジアラビアでは、一聖職者が女性を卑下する発言をするや、懲戒された。

 

f:id:bryan0230:20180626114750j:plain

2017年9月26日、ついに女性運転を全面許可することにした。 2018年6月から女性に運転免許証を発給する。 記事、現実的理由はやはり経済的理由。 サウジでは女性が男性運転者がいなくては外出がほとんど不可能なので、平凡な中間層家庭でもパキスタンバングラデシュ出身の男性運転手たちの雇用がとても多かった。

 

自然にこれら本国で国富が流出されており、これを防ぎ、中間層の不要な支出を減らすため、女性運転を許可したという意見が高い。 また、新しい自動車の需要が増加するのはもとより、政府が女性運転者の事故は、婦人警察、女性保険会社の社員に担当することと明らかにし、女性の社会進出も増えるものと見られるなど、経済的理由と密接な関連がある。

そしてサウジは、セクハラ行為処罰法も推進中だ。 驚いたことにも従来は直接的接触がなければ、処罰ができなかった。 堂々と女性の前でホイールヘッドしても処罰を受けていないという音

 


スポンサードリンク
 

 

2018年から女性もスポーツ観覧が許容される。 それで2018年1月にサッカー競技場で女性観客たちが登場した。そしてヒジャブを使わなくてショッピングをしたり運転の練習をする女性たちも増えつつある。 さらに、2018年6月からは、女性らのバイク運転、トラックの運転も許容する方針だ。そしてサウジアラビアでは、女性タクシー運転手も現れる予定を見せている。

 

2018年1月30日に出入国事務所の女性職員140人を選ぶ過程で女性たちが大勢、志望し、サウジ私の女性の社会参加が高まっている。そして2月10日にサウジアラビアの宗教界の元老であり、聖職者が女性にアパヤを強要してはならないという発言をした。そして2月12日にはサウジ検察が初めて女性捜査官を雇用すると明らかにした。2月16日にサウジ政府は女性たちの創業活動も、男性たちの許可無しでも可能だと明らかにした。

 

2018年2月27日、女性たちの軍支援を許容することにした。 そして女子マラソンも許容した。そこに女性たちの運転免許も許可しながらも、2018年6月4日に女性たちが初めてで免許証を受けることになった。

そして6月24日からサウジは女性たちが直接運転ができるようになった。そして、女性たちの運転も許可され、サウジアラビアの女性たちは悪習が廃止されることを希望している。

 

サウジの相次ぐ破格の...次官に女性任命

 

2018年4月から商業映画が上映され始め、サウジアップル事業場で男女同伴勤務も許容された。 

しかし、変わる女性の人権とは別に、サウジは、家事手伝いとして働く外国人の女性労働者がたくさんあるが、これらはサウジで家事手伝いとして働きながら、ほとんどの場合は、虐待を受けている。そしてサウジでは女性人権運動家らが逮捕され、批判の声が高まっている。

 


スポンサードリンク