ケネディ大統領が暗殺された日、傘をさしていた男。 その人が犯人?

f:id:bryan0230:20180630142454j:plain

1963年11月22日金曜日12時30分。第35代米大統領だった'ジョン・F.・ケネディ'大統領が、米国テキサス州の北部にある都市であるダラスのダウンタウンでオープンカーパレードをしていた中に暗殺される事件がありました。


スポンサードリンク
 

f:id:bryan0230:20180630142539j:plain

ところがこの暗殺事件が起きた時はとても妙な男が一人いたんだから、彼はすぐに黒い傘をさしていた男でした。 当時、ダラスの空は凄く快晴だったために傘をさしている理由が全くありませんでした。

 真夏なら熱い太陽を避けるために使うことができるとも考えられるが、同日は、晩秋に該当する気温だったためにむしろ暖かい日差しを浴びることがさらに理にかなっています。

f:id:bryan0230:20180630142655j:plain

ジョン・F.・ケネディ大統領が暗殺された日、多くの人たちがビデオ撮影や写真を撮っていたのですが。 政府関係者たちは、事件現場の重要な証拠を探すため、ビデオと写真を調べていた途中黒い傘をさしていた男を見つけるようになりました。 この傘をかぶった男は多数のビデオや写真に捉えられました。

f:id:bryan0230:20180630142745j:plain

リムジンが傘をかぶった男に近づく頃彼は傘を高く上げました。 その瞬間、あいにくにもリムジンの速度が著しくスローダウン、ケネディ大統領が狙撃されました。 狙撃直後、傘をかぶった男はその場で悠々と消え、ついにこの男性の身元は明らかにされていないんですが。


スポンサードリンク
 

f:id:bryan0230:20180630142828j:plain

傘を書いたこの男性が、傘を高くしてリムジン運転者に速度を遅らせることを指示したという話もあり、毒針を撃って大統領が動けないようにして暗殺を助けたという話が出回るほど、多くの陰謀論を作りました。

f:id:bryan0230:20180630142948j:plain

その1977年と78年、自分が傘をかぶった男だったと主張する男たちが現れたが、これらすべてが疑問の死を受けながら傘をかぶった男の正体は永遠に謎が残るようになりました。 澄んだ快晴の日黒い傘をさしていた男の正体は何でしょうか。


スポンサードリンク