米国の死刑囚らの'最後の食事'

f:id:bryan0230:20180701145600j:plain

米国は、日本のように死刑制度が存在している国です。 米国で死刑を言い渡された死刑囚の場合、死刑執行前40ドル(約4,800円)以下のメニューで好きな食事をするといわれています。
今回は有名だった米国の死刑囚が自分たちの死刑執行前に最後に選択した朝食について紹介します。
死刑囚たちは死ぬ直前、何を食べたがったんでしょうか。


スポンサードリンク
 

1. ジョン・ゲイシー

f:id:bryan0230:20180701150219j:plain

f:id:bryan0230:20180701150233j:plain

▲子供たちを含めて33人を殺害したことが知られた連続殺人犯です。 スティーブン・キングの小説'IT'のモデルでもあるそうです。 1994年5月10日、薬物注射を通じて死刑が執行されました。 彼が最後に選んだメニューはチキン、フライドポテト、豆、チョコレートシェイクでした。

 2. ジャッキーバロンウィルソン

f:id:bryan0230:20180701150523j:plain

f:id:bryan0230:20180701150532j:plain

▲5歳の少女を殺害した容疑で2006年5月4日、薬物注射死刑が執行されました。 彼が最後に食べたいと言ったのは生玉ねぎ、コカコーラそしてガムでした。

3. ヴィクトル・ペクエル

f:id:bryan0230:20180701150733j:plain

f:id:bryan0230:20180701150754j:plain

▲米アイオワ州の最後の死刑囚に拉致、殺人の疑いで1963年3月15日に死刑が執行されました。 特異にも最後にお願いした食事はオリーブ1つだった。 理由は'私からオリーブの木が育つようにしたい'でした。 死刑執行後に着ていた服で最後に食事を受けたオリーブ油が発見されました。

4. トーマス・トゥレシャン・イーベイ

f:id:bryan0230:20180701150932j:plain

f:id:bryan0230:20180701150952j:plain

▲警察官を含めた男性2人を殺害した容疑で2009年5月8日、薬物注射を通じて死刑が執行されました。 彼が最後に食べて行ったのはドーナツ1個とシェイクだけでした。

5. ルイス・ジョーンズ・ジュニア

f:id:bryan0230:20180701151106j:plain


スポンサードリンク
 

f:id:bryan0230:20180701151129j:plain

▲19歳の女性を拉致した後、殺害しました。 2003年3月18日、死刑が執行されたのですが。 彼が最後にお願いした食事は数種類の果物でした。

6. ゲイリー・ギルモア

f:id:bryan0230:20180701151243j:plain

f:id:bryan0230:20180701151304j:plain

▲二人の男を殺害した後自ら銃殺刑を希望してそのまま1977年1月17日、死刑が執行されました。 当時、米国の死刑制度廃止の声が高く、事実上廃止された死刑制度を再び復活させた人物です。 彼が最後のメニューとして選出したのはパンとコーヒーそして、生卵6個でした。

7. エディ・メイス

f:id:bryan0230:20180701151425j:plain

f:id:bryan0230:20180701151451j:plain

▲強盗、殺人の疑いで1963年6月15日、ニューヨークで最後に死刑執行された犯罪者です。 彼が最後に望んだのは、'ポール・モール'というタバコでした。

8. ジェームズ・ブライアントハドソン

f:id:bryan0230:20180701151621j:plain

f:id:bryan0230:20180701151646j:plain

▲ 近くに住む住民3人を散弾銃で殺害した容疑で、2004年8月18日、死刑されました。 彼が最後に食べたのは1つのクラッカーとコカコーラ6本でした。

9. ルイス・ユジンギルバート

f:id:bryan0230:20180701151823j:plain

▲16歳の少年と女性警備員を殺害した容疑で2003年7月1日、死刑が執行されました。 彼が最後にお願いした食事はバニラアイスクリームとお腹が空いたコーンでした。 アイスクリームを食べながら何を考えたかも本当に知りたいですね。


スポンサードリンク