若い人の血液が老人の脳を若返っする暗証

今まで科学者たちは若いネズミはもちろん、思春期の人間から採取した血液からも年老いたネズミを若くすることに成功した。


スポンサードリンク
 

この不思議な現象は今まで謎に包まれていたが、それを解明する手がかりがついに出られるのかもしれない。

f:id:bryan0230:20180703113456j:plain

発見されたのは老化による脳の認知機能の衰退を保存する酵素である。 現在、ネズミにのみ発見されているものの、類似したメカニズムが人間からも立証されれば、新たな回春法が誕生するかもしれない。

 -脳の酵素"TET2"の変化にキー

 数年前、カリフォルニア大学サンフランシスコキャンパスの神経科学者ソール・ビゼーだ博士は若いネズミの血液を年老いたネズミに注入すれば、タツノオトシゴの血圧が改善されて、記憶力と学習能力を向上するということを発見した。

 だけでなく、若いネズミに"古い血液"を注入すると、認知能力の老化が進行されるものと調査された。

 その後、ビーゼだ博士はヴァンパイアが他の人の生命を吸い込むような現象の謎に挑戦してきたが、ついにそれが明らかになったようだ。


スポンサードリンク
 

f:id:bryan0230:20180703113706j:plain

-"TET2"を作る遺伝子が脳細胞の再生と関連

 TET2(ten eleven translocation methylcytosine dioxygenase 2)は、多くの遺伝子の活動をフソンジョクに制御する役割があることで知られている。

 この酵素を作る遺伝子は私たちが年を重ねるほど、突然変異が蓄積され、これによってがん、脳卒中、心臓血管の疾患の危険が増加する。

 TET2街"タグのついた"一部の遺伝子には、脳細胞の再生を担当することがあると判明。したがって、高齢者の認知機能の衰退は、老化によるその仕事の効率低下で説明できる。


スポンサードリンク
 

-TET2の生産量が回春の鍵

 高齢者ネズミ年前でTET2の量が増加することで、研究チームは、次期実験を行った。 RNAの短い配列を利用して3ヵ月のマウスのTET2の活動を阻害することだ。

 そして、この実験ではタツノオトシゴで作られる新たな神経細胞の数が減少することが確認された。 もちろん、学習能力や記憶力テスト成績も落ちた。

f:id:bryan0230:20180703113902j:plain

最後の実験では、6ヵ月の成体マウスにウイルスを投与して、タツノオトシゴのTET2生産を強化させた。 結果はやはり酵素の量が増加し、フソンジョクインタグが活発化して、新しい脳細胞の生産が開始された。

 この回春法によって記憶力テストでいずれも成績向上を見せたわけではないが、若干の改善が確認された。

 このような回春効果がたった一つの酵素によって行われる点を考えれば、驚くべきなのだ。 しかし、素晴らしい効果だったが、実験はすべてネズミによるものであることを忘れてはならない。 人間にも同じ効果を得ることができるのかどうかを疑わなければならない十分な理由もある。

 でも簡単な方法でその後の人生の質を大いに高めることができる可能性があるので・・・。今後の研究に皆さん注目している。


スポンサードリンク