10枚の写真で見る世界の激しい交通渋滞

道路の大渋滞で電車問題まで、朝通勤の困難は誰もが知っている。 すべてのことが予定通りだ言ってもラッシュアワーなら職場に到着するまで2~3時間、事故とどのような問題が発生するなら、時間がかかるというのはありふれた事。


スポンサードリンク
 

Inrix Global Traffic Scorecardによると、米国では2017年、約3000億ドル相当の時間とガソリンが交通渋滞に消費されたという。 全世界の正体は拡大されていて、彼にかかる時間や費用も幾何級数的に増加している。

 海外ニュースメディアBusiness Insiderは特に混雑がひどくなった都市の一部を選択。これを見ると、自分の通勤は良好だったということを実感できるようだ。

f:id:bryan0230:20180703132926j:plain

▲ 米カリフォルニア州、ロサンゼルス

Inrix Global Traffic Scorecardの2017年の調査によると、ロサンゼルスでは世界で最も交通渋滞がひどい都市である。

 

f:id:bryan0230:20180703133010j:plain

▲ ブラジル、サンパウロ

ブラジルのサンパウロでは大衆交通を利用して出勤したら全てのことが円滑に進められたとしても3時間がかかることもある。 地下鉄やバスは猛烈に混雑して、しばしば故障などで通勤者が困難を強いられている。

 TomTomの調査によると、サンパウロの人々は一般的に年間108時間を停滞のために待つことに時間を過ごすと。


スポンサードリンク
 

f:id:bryan0230:20180703133118j:plain

▲ ブラジル、リオデジャネイロ

世界主要都市の交通渋滞を調査しているTomTom Traffic Indexによると、リオデジャネイロの正体は世界で8番目に熾烈だ。

 

f:id:bryan0230:20180703133156j:plain

インドネシアジャカルタ

TomTomによると、ジャカルタは世界で3番目に交通渋滞がひどい都市である。 ボストンコンサルティンググループが2017年に実施した調査によると、ジャカルタの人たちは、年間平均22日が停滞大気に送る。

 

f:id:bryan0230:20180703133248j:plain

▲インド、ニューデリー

Centre for Science and Environment(CSE)の2017年の調査によると、ニューデリーのキョトン渋滞がここまで問題になっているのは、通勤がピーク時間帯であろうがなかろうが、基本的に渋滞解消がなることができないからだ。

 

f:id:bryan0230:20180703133335j:plain

▲ ロシア、コースバー

TomTom Traffic Indexによると、夕方のラッシュアワーときは、通勤時間がほとんど2倍に増える。

 

f:id:bryan0230:20180703133412j:plain

▲ フィリピン、マニラ

ボストンコンサルティンググループの調査によると、マニラの正体は2022年まで"完全な停止の水準"に陥るものと見込まれている。 これは停滞の絶頂に、自動車は平均時速5マイル(約8キロメートル)以下だけで走行可能という。

 

f:id:bryan0230:20180703133451j:plain

ベトナムハノイ

ボストンコンサルティンググループの調査によれば、今の速度で交通量が増加し続けたら、ハノイも2022年まで完全な停止の水準に陥る可能性がある。


スポンサードリンク
 

f:id:bryan0230:20180703133539j:plain

▲フランス、パリ

TomTomのIndexによると、平均的なパリは年間約154時間が停滞大気に送る。 Centre for Economics and Business Researの2014年の調査によると、パリの正体関連費用は2030年までに世帯当たり5524ドル相当にのぼるという。

 

f:id:bryan0230:20180703133655j:plain

ギリシャアテネ

TomTomのデータによると、アテネの人々は年間131時間、通勤ラッシュの正体大気に送る。


スポンサードリンク