10年後、世界の空支配するUFO級の米空軍6世代戦闘機

f:id:bryan0230:20180707170722j:plain

2018年、米国が未来の戦争の地図を完全に変えてしまう新兵器たちの様子が撮られた動画が公開し、世界を衝撃に落としました。


スポンサードリンク
 

 

そのうち2030年実際に世の中に公開される米国の6世代ステルス機の戦闘機はまるで宇宙人の新技術を見るような錯覚を呼び起こすほどのものでした。 今日は想像その以上のとても特別な能力まで備えた10年後、世界の空支配するUFO級の米空軍6世代戦闘機を紹介いたします。

f:id:bryan0230:20180707170835j:plain

今まで世界最強と呼ばれるF-22をはじめ、5世代ステルス戦闘機のすべての性能を上回る6世代戦闘機の最先端の性能を見ると、今すぐ宇宙勢力が地球を侵攻しても防御できほど、その性能が優秀であるのです。

 そのうち一番のハイライトだったのは性能改良型F-35A一代が六代の無人戦闘機を指揮して敵地を完全に壊滅させるは姿でした。

f:id:bryan0230:20180707170938j:plain

f:id:bryan0230:20180707171013j:plain

特にF-35A戦闘機操縦士が一人で無人機六代を指揮して、誘引機と無人機が結合した編隊で敵陣を攻撃することになる場面は、まるで映画の一場面を見るような錯覚を引き起こしたほどでした。 また、計器板の連動された操縦士のヘルメット自体がコンピューターの役割をしてすべての調整は自動的に行われる場面も驚きました。

f:id:bryan0230:20180707171055j:plain


スポンサードリンク
 

 

さらに、操縦士はそれぞれ無人機のセンサーと人工衛星無人偵察機などが収集する各種の情報などを受け取って命令さえあればなる最先端機能が紹介されました。 この時の無人戦闘機は編隊長の命令によってどんな危険な任務でも機械的に遂行できるように設計されました。

f:id:bryan0230:20180707171151j:plain

これだけでなく、操縦士の体状態も、地上司令部で遠隔点検をすることができる機能が追加されました。 これから先端システムを通じて、操縦士の呼吸、心臓搏動、筋肉弛緩するかどうか、血圧などをチェックした後、もし異常な兆しが見えれば司令部で、直ちに措置が行われと言います。 すなわち、低酸素症などによる操縦機能低下や方向感覚の喪失による飛行機墜落事故などを事前に阻止できるようになったのです。

f:id:bryan0230:20180707171339j:plain

f:id:bryan0230:20180707171414j:plain

米空軍6世代ステルス戦闘機が世界最強のもう一つの理由は、まさにレーザー兵器を使用するということです。

f:id:bryan0230:20180707171535j:plain

ご存知のように今までに開発されたロシアや中国のレーザー兵器は地上または艦艇搭載用に過ぎなかったんです。 今回、米国が開発したレーザー兵器は、専用の軍用機用レーザー兵器という点で、その水準から違うと言えるでしょう。


スポンサードリンク