戦争や貧困、世界で最も危険な国ランキング10

シンクタンク"のインスティチュート・フォー・エコノミック・アンドピース(Institute for Economics and Peace)"は、2018年のグローバルピースインデックス(世界平和指数)を発表した。


スポンサードリンク
 

 

世界163カ国を対象に、殺人率と政治テロ、内戦による死亡者数と同数の23つの観点からその国の平和度を評価、その順位を作成した。

f:id:bryan0230:20180707221652j:plain

世界で最も安全な国が西欧諸国と東アジア先進国に集中しているのに対し、最も危険な国はアフリカと中東に多く分布している。 貧困と戦争が国家の安定の足かせとなっている。

 2018年の順位では、7年間、内戦が続いているシリアが、世界で最も危険な国になった。 戦争で破壊されたイラクアフガニスタンなどの国がその後を従う。

戦争や貧困、世界で最も危険な国ランキング10
国家のそばにある数字が大きいほどその国が安全でないということを示している。

f:id:bryan0230:20180707221824j:plain

▲10位 - ロシア  (3.16)

 

f:id:bryan0230:20180707221915j:plain

▲9位 - 中央アフリカ (3.236)

 

f:id:bryan0230:20180707222017j:plain

▲8位 - コンゴ (3.251)


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180707222112j:plain

▲7位 - リビア (3.262)

 

f:id:bryan0230:20180707222207j:plain

▲6位 - イエメン (3.305)

 

f:id:bryan0230:20180707222355j:plain

▲5位 - ソマリア (3.367)

 

f:id:bryan0230:20180707222445j:plain

▲4位 - イラク (3.425)


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180707222531j:plain

▲3位 - 南スーダン (3.508)

 

f:id:bryan0230:20180707222631j:plain

▲2位 - アフガニスタン (3.585)

 

f:id:bryan0230:20180707222723j:plain

▲1位 - シリア (3.60)


スポンサードリンク