サンクリームを塗らないと起こる恐ろしい現象

日差しに露出されやすい夏、身なりが軽くなるだけに、私たちの体にも無理が行くということを知っていますか? 今日はサンクリームを必ず塗らなければならない理由とつけていなかった時に生じる恐ろしい現象について調べました。 思ったより多くの人たちが日光に対する警戒心もなく生きていく場合が多いですよ。 紫外線が人体に及ぼす悪影響力について今日一度調べてみます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180708220352j:plain

地上に到達する太陽の中には赤外線54%、可視光線39%、紫外線7%が含まれています。 この中で紫外線(UV)はお肌の損傷に直接的な影響を与える主犯と1年365日、遮断しなければなりません。 ここでいう1年365日という言葉は雨が降ろうと雪が降ろうと春・夏・秋・冬すべての瞬間に日焼け止めを塗らなければならないということです。

f:id:bryan0230:20180708220450j:plain


スポンサードリンク
 

 

なぜ?と聞いていらっしゃる方たちもいるでしょう。 その理由は太陽の光がもれないだけで、太陽はいつも同一の場所に浮いているからです。 雨が降る日も雲の立ち込めた日にも冬にも太陽の光がもれないだけで、紫外線は、同一として降ります。 韓国の場合、4月から9月までは特に、紫外線の量が急激に増加する時期です。 特に、野外活動が多くなる7月と8月には特に気をつけた方がいいでしょう。

f:id:bryan0230:20180708220539j:plain

蛍光灯の光にも韓国の肌はダメージを被るとするのに直接的な日差しはどれほど深刻ですか? サンクリームをつけないまま、長時間日差しに露出されれば、肌が黒く焼けたりもしてやけどをしたり、深刻な場合には皮膚がんを誘発したりします。 このように有害な紫外線を遮断するために作られたのが、紫外線遮断剤、サンクリームです。

f:id:bryan0230:20180708220612j:plain

1. 紫外線の種類と皮膚に及ぼす影響


スポンサードリンク
 

 

紫外線は紫外線A、B、C、計3種類に分けられます。 紫外線A(UVA)は350mmの長波長で皮膚の内側のとして真皮まで到達して皮膚の中のメラニン色素を増加させます。

 これは色素沈着、シミ、そばかす、にきび、汚れを誘発します。 また、真皮の下にあるコラーゲン繊維は太陽の光によってダメージを受けると、しわが生じますが。 しわはすぐに表れているものがではなく、時間がたつにつれて徐々に明るみになるため、すでに生じ始めたら引き返すのがすごく難しいです。 紫外線Aは肌に直接的な損傷を与える肌の老化の主犯だと見ばいいです。

f:id:bryan0230:20180708220711j:plain

紫外線B(UVB)は300mmのジュンパジャンで表皮の基底層と真皮上層部まで到達するが、これに露出される場合、肌がはがれて赤くなる、裂傷画像を受けることになります。 深刻な場合、皮膚がんを誘発します。 紫外線C(UVC)はオゾン層にほとんど吸収されるため、体に到達することはありません。 私たちの体に直接的な影響を与えないがもし露出される場合、タンパク質と遺伝因子破壊を誘発することになるとします。 このようにサンクリームを塗らない、強い紫外線に長期間露出する場合、波長によって分類される紫外線AとBを全て適するようになるので野外活動をした場合にはサンクリームを必ず塗らなければなりません。

f:id:bryan0230:20180708220749j:plain

2. SPFPA+は何を意味しますか。

サンクリームを購入する際、よく見ると、SPFPA+と書かれたのを見ることができます。 この数値は日焼け止めの種類によって少しずつ違いますね。 何でも購入しなくて必ず数値を確認して購入しなければなりません。


スポンサードリンク
 

 

 SPF(Sun Protection Factor)は紫外線Bの遮断程度を示す数値であり、数字が高いほど遮断強度が高くなります。 例えば、SPF30製品を塗れば、紫外線遮断剤を塗らないときよりお肌に触れた紫外線Bの量が30分の1に少ないという意味です。

 

PA+は紫外線Aの遮断程度を示す数値であり、+が多いほど紫外線遮断効果が高いという意味です。 これは総3つの段階(PA+、PA++、PA+++)に分けられるが、+が一つなら紫外線遮断剤を塗らないときより紫外線A遮断率が2~3倍、二つなら遮断率が4~7倍、三つと、遮断率が8~15倍高まるといわれています。

f:id:bryan0230:20180708220841j:plain

比較的太陽光が弱いた春、秋、冬、曇った日、雨の日の場合、サンクリームを塗らないもなるのではなく、比較的弱い遮断指数の日焼け止めを使用することが正しいのです。

f:id:bryan0230:20180708220917j:plain

3. サンクリームはどうやってつかいますか?

日焼け止めは一度使用するとき500ウォン玉の大きさ程度使用することが適当です。 日焼け止めは、紫外線遮断機能が発揮される枝約30分がかかるので、外出30分前に塗ったほうがいいし、スキンローションを塗った後、使うのがもっといいです。 また、2時間に一度ずつ重ねてつけば日焼け止めの効能をきちんと見ることができます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180708220958j:plain

化粧をしても日焼け止めは必ず塗らなければなりません。 最近はクッションやBB、ファンデーション、メーキャップベースなどにも紫外線遮断が表記されていることにサンクリームを別々に正しくなくてもいいと考える方が多いです。 しかし、日焼け止めは少なくとも500ウォン玉の大きさ程度使用しなければならないため、化粧をする時塗るベースやクッションなどの量では非常に不足しています。

f:id:bryan0230:20180708221028j:plain

それで化粧をする時も日焼け止めを必ず事前に先につけなければなりません。 化粧する前にサンクリームを必ず塗って化粧後も2時間に一度ずつ重ねてくれるのを忘れないでください。 もとより化粧後に塗り替っている日焼け止めは肌をつるつるしてせたり、もどかしさを与えることもあるが、何より重要なことは、生涯を通じて私と一緒に行く私の肌ですから。

f:id:bryan0230:20180708221102j:plain

先般申し上げたように、日焼け止めはいつも塗らなければなりません。 夏だけに紫外線が強いだろうと油断しないでください。 紫外線は季節や天気に関係なくいつも私たちの体に影響を与えます。 特に冬に雪が降った場合、雪に反射された太陽の光はの夏の海岸、紫外線の4倍と申します。 したがって、スキー場、ソリ場に行く場合にはさらにサンクリームを几帳面に塗らなければなりません。


スポンサードリンク
 

 

昨年に比べもっと速く訪れた夏です。 日焼け止めは海辺へ旅行行く時だけつけるのではなく日常生活の中でいつも身近に持って絶えず塗らなければならないということを忘れないでください。 今夏、楽しく遊んで楽しむのも重要だが、最も重要な私の肌の健康についてもう一度警戒心を持って紫外線から健康を守ってください。 ありがとうございます