ゲームしているのが惨めに死んだ6人の人たち

この時間はゲーム中毒によって命を失った人たち7人を紹介して見るようにします。


スポンサードリンク
 

 

1.ゲームマラソンをしていた父死亡

f:id:bryan0230:20180712142539p:plain

2017年2月19日、バージニア州に住んでいたブライアンは24時間チャリティーゲームマラソンをしていたところ急死しました。

ブライアンはこのマラソンを通じて難病で苦しんでいる子供たちための募金を進行していたんです。

 

ブライアンは死亡当時、タンクを利用して戦闘をするオンラインゲーム、"ワールド・オブ・タンク"をのツイットで放送しており、当時、数千人の視聴者がいました。

ゲームマラソンの終盤の22時間ぶりに彼は"タバコを一本吸ってくる"と視聴者に述べ、席を外しました。

しかし、その後彼は二度と帰って来られなかったです。

 

そして、約14時間後911通報によって救急隊が駆け付けた時にはすでに息が切れた状態だったそうです。

死因は過度の疲労による心臓麻痺だったとします。

 

2.19時間連続ワウをしていた中国人男性

f:id:bryan0230:20180712142623p:plain

ワールド・オブ・ウォークラフトは2004年、米国で発売されたMMORPGゲームであり、総勘定の数が1億個を超える超人気オンラインゲームです。

 

死亡した歌が氏は2015年3月上海のあるPC部屋で他の人たちと共にワウを楽しんでいたんです。

監視カマレの映像を通じて、彼が休憩時間なしに19時間をゲームをしていたことが確認されました。

 

結局、彼はゲームをしていた途中、急にひどい咳をしながら倒れました。

f:id:bryan0230:20180712142702p:plain

f:id:bryan0230:20180712142719p:plain

f:id:bryan0230:20180712142734p:plain

隣で一緒にゲームをしていた20歳の見たさんはインタビューで"口を磨いた彼のハンカチが血で染まっていた。 大丈夫かと聞いたら、大丈夫だと答えた"と言いました。

 

しかし、彼はすぐに椅子でかすかに倒れ、救急車が来る前に他のゲーマーたちの前で息を引き取りました。

正確な死因は知られていないが、警察は、あまりにも長い間ゲームをしたのが原因だろうと発表したとします。


スポンサードリンク
 

 

3.ディアブロ3を40時間の間一人の男性

f:id:bryan0230:20180712142817p:plain

"ディアブロ3"は世界で3000万枚以上が販売されたアクションRPGゲームです。

まだも多くの人たちに愛されています。

 

このゲームに過度に没頭していたある台湾人男性が2012年1月15日に死亡したといいます。

死亡したチャン氏は、インターネット・カフェの個人室を、事前に予約して、そこでディアブロを楽しんでいました。

彼は何も食べず、40時間も続けてゲームをしていたとするんですが。

 

結局、インターネットカフェの職員がチャン氏の部屋に入っており、椅子にもたれて休んでいる窓シウル発見するようになりました。

職員はチャン氏を起こして立てたが、数歩行くことができず、倒れ、病院に運ばれた直後、死亡したとします。

 

当時、当局は、結党氏が長時間同じ姿勢で座っていて生じた血栓が原因だろうと推定したとします。

 

4.Xboxを長時間プレーした20歳の男性

f:id:bryan0230:20180712142855p:plain

英国人のクリス・うぐいすだにフォース氏はXboxゲームを好きですから、毎日遅くまでオンライン上で遊んでいました。

時には12間以上ゲームを楽しんだことも多かったと言いますね。

 

しかし、2011年7月、彼はゲーム途中に呼吸困難を起こして意識を失ってそのまま死亡したとします。

検死官によると、左側の太ももに生じた血栓が血液を通じて肺まで運ばれるようになって肺塞栓症を起こしたとします。

 

これは深部静脈血栓症(DVT)という症状ですが、同一の姿勢で長時間座っている場合に発生しやすい症状と申します。

 

5. ゲーム中毒が世界的に注目されるようになったきっかけ

f:id:bryan0230:20180712142940p:plain

 

スタークラフトは米国で1998年に発売されたミリタリーSF戦略オンラインゲームで、ある時、韓国で爆発的な人気を誇ったりもしました。

しかし、2005年に発生した李某氏のゲーム中毒による死亡事件は、全世界的にゲーム中毒に対して真剣に考えるように作った契機になることもありました。

 

李某さんは死ぬ前に家族や友人、同僚たちからもゲームの中毒者に扱われていたんです。

彼は仕事が終わったら寝る時間も惜しんでゲームに熱中しており、御飯もろくに食べなかったそうです。

 

睡眠不足の結果、彼は会社にいつも遅刻するようになり、結局、解雇されるようになりました。

また、死亡6日前には彼と一緒にゲームを楽しんだ恋人からも会社のようになりました。

 

そして2005年8月3日、ネットカフェで50時間の間、スタークラフトを楽しんでいた途中、極度の疲労や脱水による心臓麻痺が発生して死亡するようになりました。

彼が死ぬ前に彼の母親が友人や同僚たちに息子を尋ねる電話をしたそうですね。

 

友達はカフェで会ったイ氏に直接会って家に帰るように述べ、李某さんは"これだけ終わったら戻る"と話したとハプニ;だ。

しかし、彼は永遠に家に帰れなくなりました。

 

彼のゲーム中毒死亡事件は、多様な人気オンラインゲーム上でプレーヤーに注意を促すなどの構造が導入されることとする契機になりました。

 

6. 友達を殺害した中国人男性

f:id:bryan0230:20180712143050p:plain

2005年3月、上海のオンラインゲーマーだったチェンウェイ氏は、ゲーム内で借りてくれた刀を勝手に売った友達を殺害したとします。

 

チェンウェイ氏は、当時人気オンラインゲーム"ミールの伝説3"を楽しんでおり、約1ヵ月前にレアアイテムのドラゴンセーバーを手に入れるようになりました。

彼は思い切ってこの武器を友達に貸してくれたが、彼の友達は許諾なしにこのアイテムを約120万ウォンに売ってしまったとします。

 

この事実を知ったチェンウェイは友達にこの仕事について問わたとするんですが。

友達は再び借金を返すと述べたが、チェンウェイの怒りは下がってきませんでした。

 

結局、チェンウェイは友達の家に侵入して数回にわたって刃物で刺して殺害したとします。

後にチェンウェイ氏は法廷で無期懲役を言い渡されたそうです。


スポンサードリンク