スコットランドで世界最大の恐竜の足跡が発見される。

f:id:bryan0230:20180713233920p:plain

スコットランドで地球の歴史上、最も大きな陸上動物のものと見られる足跡が発見されました。

いくつか残されている1億7000万年前の足跡は初期の竜脚下目のもので、スカイ島の泥干潟で発見されました。

 

長い首を持った大型の草食恐竜の竜脚下目は、長さ15メートル、体重10トン以上に成長することになります。

また、ティラノサウルス、レックスの長くなった親戚である獣脚類の足跡も共に発見されました。

 


スポンサードリンク
 

 

1億7千万年前の最も古い世界最大の恐竜。

スコットランドで発見されたこの足跡はスコットランド最古の恐竜化石として考えられています。

スカイ島は2015年にも足跡が発見されたことがいたが、今回のものはやや新しい形態と申します。

 地質学者たちによると、ジュラ紀中期の化石は世界的にもまれなので、非常に重要だとします。

f:id:bryan0230:20180713234010p:plain

恐竜の進化の重要な時期に彼らが、スカイ島にたくさん集まって暮らしたという証拠は増え続けています。

今回の発見もそれらのうち一つです。

 


スポンサードリンク
 

 

また、ほとんどの恐竜たちが陸上でのみ活動したことがない、物価でも生活しながらえさをあさっており、太古の干潟を闊歩していたということを知ることができます。

f:id:bryan0230:20180713234043p:plain

 

草食恐竜と肉食恐竜が同じ場所で生きていた証拠

イギリスのエディンバラ大学のSteve Brusatte博士は

 

"ここは恐竜の足跡が残っている大型の敷地であり、非常に重要な場所です。

このようなものを探し当てることは決して簡単なことではありません。"と言います。

 

"首が長い草食恐竜と肉食恐竜たちが同じ時期に同じ場所でお互いに隣しながら暮していたということを見せてくれます。

1億7千万年前、彼らが浦口と海辺を行進していた瞬間を捉えたものです。"

f:id:bryan0230:20180713234116p:plain

ブラザーズポイントの潮間帯で発見されたのは約50個の足跡たちです。

足跡は波と天候、そして地形の変化のために研究することが難しいと言います。

 

今回はドローンを利用して区画の地図を作ったとします。

また、英国最古の恐竜は2016年、ウェールズで発見された2億年前のTレックスの親戚で知られています。

スカイ島ではまだも恐竜の足跡が発見されており、今後も新しい痕跡の発見が期待しているとします。

 


スポンサードリンク