伝説で伝えられている恐怖の植物

1.マンイティンツリー

f:id:bryan0230:20180714101923j:plain

アフリカと中央アメリカに自生していたとされている木です。

この木は幹が非常に太く、無数の巻きひげを利用して獲物を捕獲したとします。

 

餌は主に昆虫がオッダクしかし、その巨大さのために人を食べてしまう場合もあったそうです。

関連文献を見ると、餌を探知するための目も持っていたと言いますね。

 

現地部族に最もイティンツリーは不幸をもたらす、前兆とされており、魔女の魔術によって誕生した不吉なものと考えていたとします。

 


スポンサードリンク
 

 

2. ハングリー・グラス

f:id:bryan0230:20180714102016p:plain

アイルランド伝承の中に登場している植物です。

この植物を踏むことになれば一生の間、飢えに悩まされることになるとされています。

他の草と全く見分けがつかないために非常に危険とします。

f:id:bryan0230:20180714102047p:plain

文献によると、ハングリー・グラスは飢えて死んだ人間の魂が作り出した呪いであり、1840年代に発生したアイルランド大飢饉を機に作られたうわさと申します。

 

3.にメッツ

f:id:bryan0230:20180714102150p:plain

欧州や中国などに自生していた植物で、量が開かれる植物と申します。

 ある時期になると、丸い実が開かれることになるが、これを収穫すれば、量の血と肉、骨を得ることができたとします。

実が十分に熟してなれば、その中に量が顔を出して周りの芝を食べながら成長し始めたとします。

f:id:bryan0230:20180714102222p:plain

しかし、体が植物に臍帯のようにつながっているため、その周辺の芝がなくなるようになれば死ぬようになります。

また、この植物の茎が切断された場合にも死ぬことになるそうですね。

 

このバロメッツはヨーロッパ人が綿とは植物を知らなかったために作られたものがないかと考えられています。

 

4. 印面木

f:id:bryan0230:20180714102306j:plain

中国で伝説に下っている人の顔のような実を結ぶ木です。

 


スポンサードリンク
 

 

印面の木は子供のような顔の実を結ぶことになるとするんですが。

近づき、話しかけても笑いを見せが、人の言葉を理解することはできないとします。

 

f:id:bryan0230:20180714102335p:plain

秋ぐらいには過失が熟して食べられるようになるとするんですが。

その味はセコル甘いとします。

f:id:bryan0230:20180714102406p:plain

この実は種にも目、鼻、口が付いていると言っていますが。

この木のすべての部位を食べることができたため、現在は絶滅したとします。

 

5.ウムドゥレビ

f:id:bryan0230:20180714102449j:plain

ウムドゥレ妃は、かつて多くの人たちを死に追いやったとされる南アフリカに自生する木です。

1882年に科学雑誌ネイチャーに初めて報告されたとします。

 

弱く、つやがある尖った葉を持っており、二重の層を持っている木です。

また、赤色と黒色の果物を結ぶと言われています。

 

この木に近づいてた動物たちは木の毒に中毒されて死ぬようになり、木の栄養分になると言います。

この毒は、根の周辺の汚染された土壌で放出されるそうです。

 

人間が毒に中毒されれば、頭痛、目の充血、強い痛み、腹部膨満、下痢、発熱などの症状が現われるようになって、最後には精神錯乱を起こし、死ぬようになると言います。

 

6. 成フォン

f:id:bryan0230:20180714102523p:plain

仏教神話に登場する木です。

タイのジャングルで自生し、時には近くに迫った人間に石を投げるとします。

f:id:bryan0230:20180714102545p:plain

上の写真はタイ北部の仏教寺院に保存されている実際のナリフォンといいますが。

実の内部を調査してみた結果、骨は見られなかったが、、内蔵がおり、人間と似たような構造であることが確認されたとします。

 

f:id:bryan0230:20180714102618p:plain

ナリフォンは足から大きくなり、1週間ほど経つと、15歳の人間と同じ姿で成長することになります。

また、頭の部分が木の枝にしがみつく形で大きくなります。

 

体全体が完成されれば、木から落ちることになります。

離れてからの寿命は1週間くらいしか経ってないが、この間に人間と同様に歩けるか、言葉をするものと見ています。

 


スポンサードリンク