地球の歴史上最も恐ろしい新しい10匹

今回は速度と大きさを含めた多様な事項を考慮して歴史上最も恐ろしい新しい10頭を選定してみました。

 

まず理解すべき点は、この鳥たちは、もはや存在しないという事実です。

なぜなら恐竜たちと共に絶滅されたからです。

 


スポンサードリンク
 

 

10. チータニス(TITANIS)

f:id:bryan0230:20180714115449p:plain

この巨大で特別な鳥は空を飛べなかったそうです。

ティタネスの化石を分析した結果、体が非常に巨大、また、肉食性だったそうです。

 

彼らはフライ大瀬に北アメリカ大陸に暮らしたが、更新世に絶滅したんです。

すなわち、約500万年で2百万年前に生きていたと見えます。

 

この鳥の名前はチタン(タイタン)というギリシャ神の名前から由来されました。

この鳥はコンポセグヮに属し、身長は2.5メートル程度体重は150キロほどだったとします。

 

9. ピソルニス(PHYSORNIS)

f:id:bryan0230:20180714115527p:plain

この鳥も肉食動物でした。

これらは、アルゼンチンに住んでいたコンポセグヮの一つと考えられています。

 

ピソルニスは飛べない鳥であり、約2億3千3百万年前に住んでいました。。

不幸にもこの鳥について知られたところがそれほど多くないと申します。

とにかく、当時はかなり危険な動物だったと考えられています。

 

8. メリオムテロから(MERRIAM'S TERATORN)

f:id:bryan0230:20180714115648p:plain

この鳥は3.5~3.8メートルの非常に巨大な翼を持っていました。

また、身長は約75cmほどで、体重は約15kgほどでした。

 

この鳥は北アメリカに生き、、テラトルニス科に属します。

この鳥の化石のほとんどはカリフォルニア、アリゾナ、プルロリアから発見されています。

 

7.パラピソールニス(PARAPHYSORNIS)

f:id:bryan0230:20180714115723p:plain

この動物はコンポセとに属し、鳥に分類されます。

また、この鳥は肉食動物であり、空を飛ばなかったです。

 

彼らは2メートルほどの規模を持って両足で歩いて通っており、頭の大きさだけでも60cmやなりました

この鳥は約2千3百万年前に生きており、化石はブラジルで発見されました。

また、体重はその巨大な体に合わせて約200~250kgほどだったそうです。

 

6. オステ五匁トルニス(OSTEODONTORNIS)

f:id:bryan0230:20180714115813p:plain

この鳥は海辺で暮らしていた海鳥です。

ペリカンコウノトリは、恐らくこのような先史時代の鳥たちの一番近い親戚だといえます。

 

この鳥は主にヨーロッパの方で暮らしたものと推定されているが、彼らの化石はカナダの一部でも発見されたとします。

彼らはペルラコルニス科に属し、約6メートルもなる巨大な翼を持っており、身長は1.2メートルに達したとします。

 

彼らは非常に軽量な体を持っており、水かきが付いた足と幅が狭い翼を持っていました。

また、大きなくちばしも持っていたのですが、なんと髪の毛の長さの3/4程度を占めていたとします。

 


スポンサードリンク
 

 

5.ポルスとコース(PHORUSRHACOS)

f:id:bryan0230:20180714115846p:plain

これらは、パタゴニアに住んでいた非常に巨大て飛べない乱暴な肉食性新でした。

これらは、セリ、エマ(seriema)と非常に近い親戚といいますが。

 

彼らは森と草原で暮らしたコンポセの一つとされています。

この鳥は約2.5メートルの大きさと約120~130kgの体重を持っていました。

 

これらは、くちばしを使って獲物を仕留めており、餌が死ぬまで餌をくわえたくちばしを地面に打って刺したとします。

彼らはコンポセとに属し、鳥に分類されます。

 

4. ケルレンケン(KELENKEN)

f:id:bryan0230:20180714115923p:plain

この鳥もコンポセの一種類として知られています。

彼らも、飛ぶことはできなかったが、性格は非常に攻撃的でした。 また、歴史上最も巨大な肉食性鳥でもありました。

 

彼らは3メートルに迫る鍵を持っており、約220~250kg程度の体重を持っていました。

この鳥たちは、アルゼンチンの中西部でまいオ・セイン1千5百万年前に生きていたと言われています。

 

また、頭蓋骨の大きさは約70cm程度であるが、そのうち嘴の大きさだけ45cmに達したとします。

一言で地球の歴史上最も大きな頭を持った鳥だとかできます。

 

3. ハストゥ数理(HAAST'S EAGLE)

f:id:bryan0230:20180714115958p:plain

この鳥も非常に巨大な鳥です。 ニュージーランド南の島で暮らしたとします。

また、これらは、人間が知っている、世界で最も大きな禿鷲でもあります。

 

この鳥は、体がとても巨大て飛べない鳥たちを主に狩りしていたんです。

最大80km/hの速度まで到達することができたとします。

 

しかし、彼らは1400年代に絶滅してしまいました。 よかったでしょうか。

今日ご紹介した他の鳥と比較した時、私たちが生きている時代と最も近接した時期に生きた鳥だとかできるよねます。

この鳥は修理科に属する、鳥に分類されます。

 

彼らは普通、性別によって9~16kgの体重を持っており、雌ははるかに軽くたそうです。

 

2.ブローカートルニス(BRONTORNIS)

f:id:bryan0230:20180714120026p:plain

この鳥は過去パタゴニアで暮らした巨大な肉食動物でした。

この鳥の高さは2.8メートルに達し、体重は約350~400kgに達したとします。

 

人間の知っている、世界で最も重い鳥ともいえます。

これらの体重を考慮してみた時、これらはおそらくそれほど敏捷でははできなかったはずと推定されています。

このような理由で待ち伏せを通じて餌を捕獲したものと推定されています。

 

このように巨大な体を持っているが、この動物はコンポセとに属し、鳥に分類されています。

 

1.アルゲンタヴィス(ARGENTAVIS)

f:id:bryan0230:20180714120056p:plain

この鳥は人間によって目撃されたこともある鳥の中で最も大きな鳥です。

この鳥の実際の名前はArgentavis magnificensに荘厳なアルゼンチンの鳥という意味を持っています。

 

この鳥の化石サンプルは、アルゼンチンで得たものといいますが。

化石を分析した結果、この鳥の翼の長さは約7メートル、体長は2~3メートル、高さは2メートルに達し、体重は普通80kg程度に達しました。

 

彼らはテラトルニス科に属する、鳥に分類されています。

今もイリノイ州、テキサス、ニューメキシコ州など米国南部ではアルゲンタヴィスを見たという目撃談が継続されているそうです。

 


スポンサードリンク