人工知能によって消えることになる職業13つ!

コンピューターの技術革新を通じて社会は次第に機械化、自動化が進められています。

これを通じてわれらはさらに便利な人生を生きて行くことができるようになったんです。

 

しかし、人工知能(AI)の発展が私たちに便利さをもたらす反面、"10~20年後には労働人口の49%がAIとロボットによって代替されるだ"という調査結果もありました。

今度は未来にAIに代替される職業14つを調べました。

 


スポンサードリンク
 

 

13.工場労働者

f:id:bryan0230:20180716113430p:plain

単純作業では多くの業務の場合、すでにロボットで代替している工場も、すでにたくさんあります。

 人間と違って、ロボットは休暇と健康保険なども必要せず、交代の勤務スケジュールを組む必要もないので、ロボットで代替されるものは必然的だと言えるかもしれません。

 

このような作業がロボットに代替されれば、ロボットのプログラミングと管理のような仕事が反対に増えることになるのではないかと思われます。

 

12.小売店の従業員

f:id:bryan0230:20180716113531p:plain

比較的技術を必要とせずに繰り返し作業が多くの小売店のレジや品物の配置などの業務をする従業員たちもロボットへの代替が予想される職業です。

 

すでにセルフレジは、多くの国ですでに登場しており、最近には計算台が必要ない決済システムを持ったAmazon Goが話題になったりもしました。

また、計算台だけでなく、商品の補充などもロボットが担当する日も遠くないとします。

 

11.鉄道人夫

f:id:bryan0230:20180716113630p:plain

列車の線路修理のようなこともAIとロボットの発達で消えることになる職業の一つと申します。

 

作業中に列車にはねられたり、高圧電線に感電されて死亡する事故も発生しています。

このような危険性のためでも代替することがいいかわかりません。

また人が入りづらい部分の検査、修理などもロボットなら効率的に進めることができるようになることです。

 

10.運転手

f:id:bryan0230:20180716113720p:plain

トラックとバス、タクシーなど運転手は従事者が非常に多い職業だが、運転ミスや居眠り運転などによる事故リスクを減らすには、AIを通じた自動運転への代替が不可避なものあるかも知れません。

 

UberGoogleは、すでにカリフォルニアで自動運転車両の遵行テストを開始したと言っていますが。

このような技術ならもう飲酒運転も消えることになるかもしれません。

 

9.発電所作業員

f:id:bryan0230:20180716113803p:plain

特に、原子力発電所で発生する事故はそこで働く作業員や周囲の住民たちに指名的な被害を及ぼすことがあります。

 

こうした危険をなくすために、これらの施設の人夫たちをロボットで代替しようとする試みがジョクゴクで行われる見込みです。

現場にロボットだけが配置されれば、、発電所が人里離れた山奥などに位置していても問題なく、住民らの危険も最小化できるようになることです。

 

8.保険査定員

f:id:bryan0230:20180716113845p:plain

ロボットは技術力が低い単純作業に投入される可能性が高いが、、必ずそうでもありません。

 例えば、日本では最近、富国生命史がAIを導入して保険の支給を査定する部署の人員を3人のリストラしました。

最終点検はジョンドン通り人間が行うが、、診断書の判定と保険料の算出などはAIによって行われ、相当な業務効率化が期待されているそうです。

 


スポンサードリンク
 

 

7.旅行代理店

f:id:bryan0230:20180716113938p:plain

約10年間、ネットの発達で韓国は、ウェブ上で手軽に安価な飛行機とツアーを探して予約できるようになりました。

 

このような検索システムの発展で、すでに旅行代理店は徐々にパソコンで代替されています。

また、旅行代理店だけでなく、空港でのセルフチェックインなどの航空会社にも機械化の流れが押し寄せているそうです。

 

6.農夫

f:id:bryan0230:20180716114039p:plain

一時、多くの労働者を必要としていた農作業は多様な農業機械の登場で少ない人数でも遂行できることになりました。

そして、そのような流れは今後さらに加速化すると見込まれています。

 

人間が運転していた収穫機械も自動運転機能が搭載されて、これ以上人間が必要しないようになるでしょう。

同業が経済を支えている開発途上国の場合、経済が低迷する可能性があるという憂慮も提起されているとします。

 

5.郵便配達員

f:id:bryan0230:20180716114130p:plain

2015年、Amazonがドローンを使用した超高速配達サービス"Amazoe Prime Air"のコンセプト動画を公開しました。

 そして同年スイスでも国営郵便局が無人航空機による納品テストを開始したと言っていますが。

このように配達業務で、ドローンの活用はもう確かな流れになったと見ることができます。

 

特にスイスやカナダなど山の麓に村がたくさんあるグクガクでは非常に効率的な配達方法になりそうです。

 

4.秘書

f:id:bryan0230:20180716114223p:plain

ある程度性能のAIを搭載した電子秘書サービスはすでに市場に出ているが、、"コミュニケーション"がない秘書に難色を示す人も少なくはないようです。

 しかし、AIの性能がさらに向上されて、音色を変えたり、冗談を言ったりするなど、人間と比較しても遜色がないほどのコミュニケーションが可能になったら、秘書業務も十分にAIに代替されるのではないかと予想されています。

 

3.会計士

f:id:bryan0230:20180716114311p:plain

2014年にはクラウド会計ソフトウェアが登場して話題になりました。

その後もAI会計ソフトウェアは引き続き発展してきています。

 

特に会計士のようなたった1ウォンのミスも許されない職業の場合、人間より機械の方がずっと優れているといえるはずです。

それで、会計士の仕事の80%がAIに代替されないかと予想されています。

 

2.山林保護員

f:id:bryan0230:20180716114359p:plain

なんと野生動物と自然保護活動などの分野でもAIを搭載したロボットが活用されるものと予想されています。

 元々この分野の従事者たちがそんなに多くはないが、世の中のすべての自然を人が管理するとすれば、費用は非常に高くなるます。

 すでにドローンを利用して植林事業に活用されており、山林の火災と密猟者の監視などもロボットを利用すると、より安い費用でも高い効率を作り出すことができるだろうと言っています。

 

1.手術の意思

f:id:bryan0230:20180716114454p:plain

超精密した動きが可能なロボットと進化した人工知能が結合されれば、外科医の代わりにロボットが手術を執刀することになる日が来るようになるでしょう。

そうなれば、少なくともミスによる医療事故は防げていますね。

数十年以降は患者の症状を把握して情報を処理して正しい治療方法を選択する医師の役割もAIが受け持つことになる日が来るかもしれません。

 


スポンサードリンク