世界最高のスリルを味わうことができるロシアヴィティム川のカンディンスキーの橋

f:id:bryan0230:20180716181529p:plain

ロシアのシベリア東部、ザバイカルのヴィティム川にかかっている橋である"カンディンスキー橋"は世界最高のスリルを味わえる所です。

 

出入り禁止区域に指定されてもおかしくないほどたくさん老朽化しており、さらには垣根もありません。

また、道幅も1.8メートルで非常に狭い方です。

 


スポンサードリンク
 

 

 

しかし、。 無謀な人たちとしましょうか。 多くの人々がこの橋を渡っているそうです。

 例えば、上の写真と同じトラックのようにタイヤがぎりぎりでかかっている状態でも果敢に挑戦しようとしている運転者が絶えないと言います。

 

今回は無事に過ぎたけど…果たして次にもよく通るができるかな…?

まるで賭博といえるほど危険見えるけど…この人たちには日常になってしまったのかも知れます。

 

もともと建設中放棄してしまった鉄道用の橋

 

ヴィティム川はレナ川の主要支流です。

1980年代もともと鉄道用に建設された橋だが、ついに完成することができず諦めてしまったそうです。

 

その幅は1.8メートルで、一般的な自動車がやっと通れるくらいほどの幅と申します。

さらに、金属の骨組みは、さびついていて、木の板が付いているところもあり、垣根もありません。

 

f:id:bryan0230:20180716181759p:plain

カンディンスキーの橋を渡る運転者たちは1.8メートルの幅を慎重に過ぎなければなりません。

弱り目に崇り目で足を覆っている板はよく多くの雪と氷のために非常に滑りやすいまでとします。

シベリアに寒い冬が近づいてくると、橋自体が凍結され、その危険性はさらに上がります。

f:id:bryan0230:20180716181839p:plain

 

水火を辞さない人たちが挑戦するだけの試験の足

カンディンスキーの橋は長さ570メートル、水面からの高さが15メートルです。

ここは地球上で最も大変な道の一つとされている"BAM道路(バイカル・アムールメインライン)"の中間に位置しています。

 


スポンサードリンク
 

 

ここを無事に渡るのは一種の記録と同じもので、その間多くの人たちがその成功をフェイスブックに書き込んだりしました。

 

▲バイクで挑戦するチャレンジャー

 

手に汗を握ろうというのはまさにこれ!

運転技術が優れた運転者なら3分程度で渡ることができます。

しかし、自動車の幅とほぼ同じぐらいの狭い幅に、その下にはヴィティム川の急流が流れているから。。 絶対簡単なことではないはずです。

 

最初に勇気がなければ、最初からここに挑戦しようとするさえ思われないはずですよ。

だが、いったん橋に入ることになっていたら、、高度の集中力を維持しなければなりません。

 

亀のようにゆっくり着実に前へ進まなければなりません。

文字通り血のにじむような経験になりそうですね。

 

下からホイール流されてくる強い風に車が動揺しないように、すべての窓を開けて抵抗を減らそうとするなどの悩みも必要です。

悪天候の時は果敢に放棄できる決断も必要でしょう。

 

 

とにかくみんな自分の責任

もし悪いことが起きてもそれはすべて自分自身の責任です。

この橋は神田(Kuanda)村の人々にとって外部と連結される長さだが、きちんと管理されず、おり、橋から落ちて墜落する車両もあるそうです。

f:id:bryan0230:20180716182157p:plain

橋は運転者の実力や度胸を試験しています。

ここに挑戦する人は無謀な死を恐れない人たちだけです。

 


スポンサードリンク