ある日突然消えてしまった村5ヵ所。その理由は?

ある日突然ある村が村とはいえない状態に変わってしまった。

今回は本当に珍しい事例を紹介してみと思いますが。

 

村が丸ごと消えるというのは常識的に考えにくいことです。

しかし、町にすべての人たちが消えて、町自体が消滅した状態になったケースは確かに存在します。

 


スポンサードリンク
 

 

1.ニュー・シティ・ビレッジ

f:id:bryan0230:20180716202002p:plain'

ニュー・シティ・ビレッジは1980年代のニュージャージー州ウェストマイルフォードに作られた住宅地として元々は水道局の職員たちが住んでいました。

 

ところが1992年にこの村はいきなり人が住んでいない村に変わってしまってしまいます。

自治団体の公式説明もなく、全ての家は入り口や窓が板で塞がれて道路も封鎖されており、、町は完全に外部と遮断されました。

家にはTVや家具、その他所持品などがそのまま残っている状態だったそうです。

 

f:id:bryan0230:20180716202051p:plain

この村がこのような運命を迎えた原因については様々な憶測が飛び交っていますが。

一説では放射能汚染によるものだという意見があります。

 

さらに、放射能といった危険な状態を作ったのは邪教集団ではないかという噂までありました。

真相はまだ明らかになっておらず、現在この村は"悪魔の路地"というニックネームが生じたと言うことです。

 

2. アンジクニ湖の町

f:id:bryan0230:20180716202653p:plain

カナダキバルリク地域のアンジクニ湖の町の近くにはイヌイット族が住む小さな村がありました。

毛皮を目的とする猟師がここを過ぎると、村の人々から暖かい歓待を受けたとします。

 

チョラベルという男性もそうしたハンターの一人だったが、1930年代、彼がこの村を訪問したときは、村全体が廃墟になっていました。

村の住民たちは家に食べ物や生活用品などを残し、すべて消えてしまったのです。

 

f:id:bryan0230:20180716202741p:plain

火の上にかかったなべもそのままだったために計画的に移住しㅆダラキよりは急に消えた感じがもっと強かったようです。

不思議なことに村の墓地が誰かによって解き明かしていたりもしたそうですね。

 

警察の調査によると、住民たちが消えたと思われる時期に空から不思議な光を見たという報告がいくつかあったそうです。

 

3. オッド・リスタウン(Audley's Town)

f:id:bryan0230:20180716202849p:plain

オッド・リスタウンは北アイルランドキャッスルワードの領内にいた小さな街に、19世紀半ばまで250人余りが暮らしておりました。

 


スポンサードリンク
 

 

過去の文献を見てみると、1834年の時点では指導で、オッド・リスタウンの存在を確認することができましたが、1859年になって地域一帯が森に記載されました。

人口が少ない村ではあるが、地図上で完全に消えた理由は何だろうか。

 

f:id:bryan0230:20180716202950p:plain

それは領主の妻が景色を向けて村の住民たちをすべて追放させたためだと思われます。

公式的な記録は残っていないが、すべての住民たちが"ローズ号"という船舶に乗せて村を出たということです。

 

オッド・リスタウンを研究している人によると、ローズ号は途中に沈没してしまった可能性が高いと言われています。

 

4. ロワーノック島

f:id:bryan0230:20180716203049p:plain

ロアー・ノック島は新大陸(アメリカ及びその周辺の島)で16世紀イングランドが先に植民地化を試みた島です。

 

1587年に115人の移住者がこの島に到着したが、食糧不足とインディアンによる襲撃の危険性など、不安要素が存在していました。

この地の指揮者だったジョーン・ホワイトは、移住者たちの要請を受け、食糧などの調達に向けてイングランドへ戻ってくるようになります。

 

そして3年後、戦争が勃発し、当初予定より大幅に遅れてホワイトはロアノーク島に到着することになります。

その時はすでに誰も残っていない状態でした。

 

f:id:bryan0230:20180716203118p:plain

移住者たちが消えてしまった謎を解決できる唯一の手がかりは木に刻まれていた"CROATOAN"という言葉でした。

これはロアノーク島の南に位置する島を指す言葉であり、ここの人たちがそこに移転した可能性も考えられていたが、結局、真相を明らかにできなかったそうです。

 

5. ホオ・ベルデ(hoer verde)

f:id:bryan0230:20180716203212p:plain

村が消えてしまった事例で最も謎に満ちているのがまさにホオ・ベルデ村です。

ここは約600人余りが住んでいたブラジルのある村です。

1923年にすべての住民が消えてしまいました。

 

警察が捜査を実施した結果、学校で一本の銃が発見され、黒板には次のような内容が書かれていました。

 

"救世主はない"

 

この不思議な現象について、これまでいろいろな解釈が試みられました。

 

その中に一つは当時ブラジルの不安定な政治状況を考慮した際、ゲリラ戦に巻き込まれることを避けるため、住民たちが他の地域に避難したのではないかということです。

しかし、この村に襲撃があったという記録は全く残っていません。

 

また、黒板のメッセージが何か宗教的な意味を持っているために悪魔の宗教から脱しようとしていたのではないかという解釈もあります。

 


スポンサードリンク