ビタミンCの効能! 風邪の治療に対する誤解と真実

ビタミンCの効能を知っていますか?
多くの方々が風邪の治療に効果があると知っています。 さらに、医師さえも風邪薬や注射を打たなくて、ビタミンC効果だけで風邪を治療するともします。

本当に風邪を引いた時、ビタミンC効能本当にいるでしょうか。 驚いたことにも必ずそうではないということです。 ビタミンC万で克服しようとするのはちょっと無理があるそうです。


スポンサードリンク
 

 

ビタミンCの効能! 風邪の治療に対する誤解と真実

一般的に風邪は人間から発見され最も一般的な伝染性の病気であり、普通の人は1年に何度も感染することもあります。 ほとんどの場合は、そのまま数日患って自然に治癒がなる場合もあり、しばしば愛が風邪のように過ぎたという文学的表現があることもあります。
これまで我々は何でもなく、本当に一部の医師たちさえも、ビタミンCはしばしば効果的な風邪の治療法と主張されてきました。 これは本当に科学的な臨床実験結果でしょうか。 合理的な根拠がある言葉でしょうか。

 

1970年頃、ノーベル賞受賞者のライナスポーリング(Linus Pauling)はビタミンCがかぜに役立つという理論を大衆化したとします。 ここに関連の臨床実験結果があったかどうかは確認されないようです。 ただ、ノーベル賞受賞者の理論的な意見がないかと思うのですが、彼は彼の著書を通じて、ビタミンCが風邪の予防や治療に役立つという内容を発表したとします。 しかし、これを裏付ける客観的な研究資料は当時、裏付けられていなかったそうです。

 

f:id:bryan0230:20180717074850p:plain

事実その本の発刊と理論の発表以降、数十年の間、果たしてビタミンCが風邪の予防と治療に直接的な影響を及ぼしているのかに対する無作為しながら広範囲なデータ統制研究が進められてきたが、結果は相当がっかりだったとします。 結論的に風邪をひいたとき、約200mg以上のビタミンCを補足してもかぜにかかる危険が減少したり、治療に役立たないと結論付けたとします。

 

本当にビタミンCは風邪の治療に効果がないことですか?

結論から言えば、ビタミンC効能のなかでに風邪の予防と治療に確かに一定部分役になることがあるとします。 ただし、このような効果を得るためには風邪を引いた時にだけ摂取するのではなく、普段から休まずにビタミンCのサプリメントを規則的に服用した際に、どの程度効果があるということです。

 

f:id:bryan0230:20180717080349p:plain

つまり、常に地道にビタミンCのサプリメントを服用してきたとすれば、そうではない対照群に比べて

 

1. 風邪の軽重も減少

風邪の症状を緩和させる効果があるそうです。


スポンサードリンク
 

 

2. 風邪を持続時間の減少

ビタミンC補助食品は回復時間を成人で8%、平均14%減少させてくれるんだといいます。 特に子供の場合、地道な1~2グラムの服用は平均18%風邪期間を短縮させることに效果があるとしており、成人の場合、一日約6~8グラムが効果的と申します。

 

特に、ビタミンCの効能は一般人に比べて、ひどい・肉体的ストレスを受ける人たちにさらに強力な影響を与えることがわかったそうです。 例えば、マラソン選手のビタミンCの服用は、風邪の持続時間を半分に短縮させられるとします。

 

ビタミンCの効能のなかでに風邪の予防と治療の原理

ビタミンCは抗酸化剤であり、肌にコラーゲンを生成するのに必要です。 コラーゲンは、哺乳類で最も豊富なタンパク質で、肌と様々な組織を柔軟に維持することに非常に重要な役割をすることになります。

f:id:bryan0230:20180717080701p:plain

ビタミンCの欠乏は、壊血病とされる状態に至ることになるのに、最近ではあえてビタミン剤を食べなくても普段の献立で十分なビタミンCを摂取しているが、これが風邪の予防と治療にどれほど効果を見るためには普段、ビタミンCのサプリメント摂取が必要です。

また、ビタミンCは免疫細胞に高度に集中しており、自分の身体が病気に感染して早いスピードで枯渇される特性のために、いざ病気にかかった時にビタミンCを摂取することは不足した量を補充する程度に止まるのために、普段から事前に十分な量を摂取しておくことが効果的です。

 

風邪の治療法はないです。

わたしたちが普通に風邪のせいに病院を訪れるようになると、ほとんどの先生たちはただ十分な休息と栄養供給を勧めてくれた方が、まさにこうした理由がないかと思います。

もちろん、症状がとてもひどい時はやむを得ず抗生剤投与をするけどね、ご存知のように抗生剤は、われわれの体の免疫系耐性を次第に減少させるために、本当に患者を考えている医者先生らは特異なケースを除いてはよく処方しない理由であろうです。

 

ただ、十分な栄養供給という次元で、または民間療法で様々な治療方法が提示されてきたが、それはどの地域や文化の違い、一種の信頼と関係しないかと思われます。 それにもいくつかの食品群は民間療法ではない実際の科学的臨床結果を通じて推薦されたものがあるとします。


1) Flavonoidsフラボノイド

これらは果物と野菜で発見される抗酸化物質です。 研究によると、フラボノイドのサプリメントは肺、首や鼻の感染危険を平均33%減少させられるとします。


2) ニンニク

我々にはとても親しくしたニンニクは呼吸器感染を退治するのに役立ついくつかの抗菌化合物を含めており、実質的に私たちの体に役立つとします。

 

f:id:bryan0230:20180717081109p:plain

この他にはビタミンCが高い健康食品の好例でオレンジ、ケール、赤いピーマンなどがあるというから、風邪を引いた時にだけビタミンC効能期待しないで、普段地道に摂取する努力がさらに求められるします。


スポンサードリンク