また、再び火星の表面で巨大な母艦のような物体が発見される!

f:id:bryan0230:20180719074756j:plain

火星探査船の活躍のお陰で、様々な変なものが発見されています。

これまでに軍人の形の物体と謎の構造などが数種が発見されているが、今回にも変な物体が発見されたとします。


スポンサードリンク
 

 

火星探査船"マーズ・グローバル・サーベイヤー"が撮影した火星の写真に長さ約2km程度と推定される巨大な何かが映し出されており、宇宙船母艦のようという話が出ています。

 

火星探査船が宇宙船の姿を撮影した!?

上の動画を掲載した"Paranormal Crucible"によると、この謎の物体は数万年前に高度の技術で作られたそうです。

しかし、時間の流れとともに退化してしまったと主張します。

f:id:bryan0230:20180719074931j:plain

この宇宙船はどこで飛んできたのだろうか。 元から火星人のものだったか。 実際、肉眼で確認する前まではその誰もわからないはずです。

 

もしこれが本当の宇宙船としたら、全長約2kmであることを考慮すると、空母級の宇宙船だと言えます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180719075008j:plain

 

色を入れるとさらに母艦のようなった...?

動画にはこの謎の物体が宇宙船の陰謀だと仮定して説明する部分もあります。

大まかな構造を予測して色を入れて再構成してみたら・・・

 

f:id:bryan0230:20180719075128j:plain

本当に母艦のような姿を揃うようになりました。

ところで加工方法によっては三葉虫になることもありそうですね。

 

f:id:bryan0230:20180719075219j:plain

今回の発見について、海外のネチズンたちは"宇宙船が衝突したのに何の形跡もないね"、"隕石ではないか?"、"かなり深くつけたようだが、宇宙人はどのようにして出たの?"などの意見がありました。


スポンサードリンク