こんなに多いと?! 100年以上生きられる生物たち10つ!

果たして、地球上には100年以上を購入できる動物たちがどれくらいでしょうか。

意外と多いという事実がびっくりするでしょう!

 今度の映像では100年以上を購入できる生物について調べようにします!


スポンサードリンク
 

 

1.ゾウガメ (Giant tortoise)

f:id:bryan0230:20180721221344j:plain

"亀は晩年を生きる"という言葉があります。

事実そう長くは生きていけないが、とにかくこの亀は寿命が非常に長い亀です。

 

ゾウガメの"Adwaita"氏は2006年に死亡するまで、250年も暮しました。

この亀は世界で最も長く生きた動物で、ギネスブックに登録されました。

 

2.  ホライモリ

f:id:bryan0230:20180721221619j:plain

ヨーロッパの多くの洞窟に生息しているホライモリは10年間何も食べなくても生きられる、真の幻想の世界に住んでいる動物です。

ホライモリの平均寿命はおよそ70年!

目は退化してしまったが、100年以上を生きる個体も多いとします。

 

3. ムカシトカゲ (tuatara)

f:id:bryan0230:20180721221733j:plain

ニュージーランドに生息しているムカシトカゲは恐竜時代からずっとその姿を変えずに暮してきた動物です。

大きさは最大1メートル程度だが、100年から200年程度の寿命を持っており、30歳~40歳まで引き続き成長するそうです。

現在は絶滅危機種に指定されています。

 

4. オルコネクテスオストゥラルのリス (Orconectes australis)

f:id:bryan0230:20180721221917j:plain

オルコネクテスオスルラルリースは、米国の洞窟に多く生息している家財の同僚です。

半透明に見える体が特徴的なこの動物は100歳まで徐々に性情して行くと言います。


スポンサードリンク
 

 

また、成長が完全に停止ではないし、現存するこの動物の最高齢の年は175歳!

本当に洞窟に住むと寿命が長くなるのか…?

 

5. ホッキョククジラ (bowhead whale)

f:id:bryan0230:20180721222020j:plain

もともと鯨は長く生きる動物で有名で、60年~80年という平均寿命を持っています。

その中で特にホッキョククジラはさらに長く生きる古来有名で、90歳を超えても子供を作ることができると考えます!

現在確認された個体のうち150~200歳のホッキョククジラが存在しています。

 

6. アイスランドガイ (Arctica islandica)

f:id:bryan0230:20180721222135j:plain

貝は皮に刻まれた"年輪"を計算して、年齢を判断することができます。

まるで木と同じだと言えますね

以前にこのアイスランドガイの年齢を調査してみたら、なんと507歳の年齢が出たそうです。

 

7. ミルクイ (Tresus keenae)

f:id:bryan0230:20180721222310j:plain

寿司の材料としても多く使われる海松貝。

日本からも観測されている一般的な貝なんですが、この貝の寿命は80年以上と非常に長く、200歳以上の貝も確認されています。


スポンサードリンク
 

 

200年なった貝の味はどんな味かな~ ?になりますね!

 

8. ジンベエザメ (Whale Shark)

f:id:bryan0230:20180721222419j:plain

ジンベエザメの偉大な点は平均的な寿命の70~100歳ということです。

攻撃を受けていない限り、100年くらい買いかねないとします。 すごいですね!

150歳くらいの個体を行ける日もそんなに遠くはないようです。

 

9. 木

f:id:bryan0230:20180721222509j:plain

松の場合、平均寿命が約2500年だそうです。

杉は2000年で現存する松の中で最高の年は5000年であり、杉は7000年と申します。

 

単位があまりにも変わっており、非現実的に感じられたりします。

日本でも1000年以上の年を持った木が数名存在しています。

 

10. 人間

f:id:bryan0230:20180721222606j:plain

人間も100年以上生きられる生物です。

現在、人間の最高齢公式記録は123歳と申します。

 

現代の医療技術がさらに発展されれば、人間の寿命もさらに長くなるできるかも知れないが、果たしてそんなに寿命が延長されれば、幸せになるのか?

人類最大の悩み中に言えます。


スポンサードリンク