外部と接触したことがないアマゾンの原住民の姿を撮影!

f:id:bryan0230:20180722074722j:plain

アマゾンのジャングル上空でまだ外部と接触したことがない部族の村が撮影されました。

写真作家によると、部族は100人程度で行われており、小さい服を着た人、杖をついている人、上空の飛行機を眺めている人などを確認することができたとします。


スポンサードリンク
 

 

この村は、ベネズエラの国境から近いブラジル北部のヤノマミ族地域に位置していました。

ブラジル側では22,000人余りのヤノマミ族が住んでいるが、その中で少なくとも3つのグループは外部の人間と一度も接触しなかったそうです。

 

ヤノマミ族と文明人の接触の危険性

しかし、この地で5,000人あまりの人たちが不法に金を採掘を行っているそうです。

そのような不法チェグルジャらとの争いも絶えず発生されています。この前、ブラジル北部、ロライマ州に住んでいるヤノマミ族が不法チェグルジャ6人を弓で射殺したという報道もありました。

 

文明社会で生きている人たちが未開の地に足を踏み入れるようになるだけでも彼らが、絶滅の危機に追い込まれる恐れがあるそうです。

不法チェグルジャがマラリアなどの伝染病を移すようになったり、ヤノマミ族の食糧と水を水銀などで汚染して数あるために、深刻な被害を引き起こすことができるのです。 また、東部では牧場主が侵入しているそうです。

f:id:bryan0230:20180722074908j:plain

▲外部と一度も接触したことがない原住民村の空撮写真

 

"森に彼らが存在しており、政府はそちらの生活を尊重しなければならないということを全世界が知らなければなりません。"

ヤノマミ協会"フトゥカラ(Hutukara)"の代表であるアブダビ(Davi)氏は"森のダライ・ラマ"という愛称で呼ばれています。

彼は不法チェグルジャドゥルが白いゲミテのようにやって来て、彼らの平和を侵害していると主張しています。

 

f:id:bryan0230:20180722075018j:plain

ブラジル政府はヤノマミ族地域の保護を担当している機関があるが、現在深刻な予算不足に直面しているそうです。

したがって、原住民たちの土地と権利の状況は急激に悪化しています。


スポンサードリンク
 

 

持続的な支援がなければ、フトゥカラのような保護団体も思いきり活動しないようになって、これ以上侵入者から土地を保護できなくなりです。

 

f:id:bryan0230:20180722075051j:plain

▲村の人口は約100人程度と推定されます。

 

また、外部と接触したことがない原住民が撮影されたのは今回が初めてではありません。

2008年はブラジルやペルーの国境付近にあるエンビラ地域の森の中で飛んでいた飛行機に向けて,窓や火矢で威嚇する原住民たちの姿がカメラに撮られています。

 

f:id:bryan0230:20180722075144j:plain

彼らは肌を赤く塗って頭髪は部分的にひげそりができています。

また、彼らが見せてくれたジェスチャーは明確に排斥の意味に見えます。

男性2人の後ろに肌を黒く塗った女性と推測される人物も見えます。

 

f:id:bryan0230:20180722075218j:plain

ヤミマミジョクの人口は合計三万5,000人と推定されており、アマゾンに孤立して生きている原住民の中では最大級といえます。

 

f:id:bryan0230:20180722075258j:plain

村は、ベネズエラ国境から近いブラジル北部にあるヤノマミ族地域にあります。

上空を飛行している飛行機に,窓や火矢で脅している原住民たちの姿が捉えられました。

彼らが住んでるところは、ブラジルやペルーの国境付近のエンビラ地域の森です。

 

f:id:bryan0230:20180722075331j:plain

電気もガスもWIFIもありません。 服もの主要部分を覆う用途のみに使用されています。

このような不足が21世紀地球上に存在しているという事実は私たちには信じがたいこともできるが、上で紹介してあげたように本当に存在しています。


スポンサードリンク