体に悪いコレステロール数値を下げる食べ物7つ

体に悪いコレステロール数値が高ければ、血管や脳健康に良くない影響を与えかねないために注意しなければならないんです。 運動とともに、コレステロール数値を下げる食べ物の摂取を通じて健康を管理することができます。 特にアーモンド、ニンニク、サケ、アボカド、オリーブオイル,オート麦、緑茶などが効果的ですね。 体に悪いコレステロール数値を下げる食べ物7つを紹介します。


スポンサードリンク
 

 

体に悪いコレステロール数値を下げる食べ物7つ

 

f:id:bryan0230:20180722201812j:plain

1. アーモンド
おやつに携帯して通いながら食べやすいアーモンドは悪いコレステロールが酸化されることを防止する物質を含むためコレステロール数値を下げるのに効果を与えます。 また、ビオチン、ビタミンE、単一不飽和脂肪、食物繊維などの栄養分を含有しており、有害な地方に対抗する良いコレステロール数値を高め、心臓疾患や糖尿病の危険を減少させます。

 

f:id:bryan0230:20180722201900j:plain

2. ニンニク

ニンニクに豊富に含まれたアリシン化合物は身体の有害なコレステロールが酸化されることを効果的に防止するためにコレステロール数値が高い人たちに推薦できる食品です。 ニンニクを毎日の献立に含ませて周期的に摂取すると、コレステロール数値を健全に保つことができます。

 

f:id:bryan0230:20180722201937j:plain

3. 鮭

鮭のような魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているために悪いコレステロール数値を下げることができるのにです。 オメガ3脂肪酸は、炎症を減らして、心臓を丈夫にし、免疫力を増強させる効果もあります。 したがって、鮭を含めてイワシ、サバ、ニシンなどの魚をよく摂取すると、健康管理に役立ちます。

 

f:id:bryan0230:20180722202034j:plain

4. アボカド

世界で最も栄養価のある果物の一つであるアボカドは、単一不飽和脂肪を含んでいて悪いコレステロール数値を著しく下げて、体内の良いコレステロール数値を増加させることに役をくれないんですね。 脳卒中と、心血管疾患の危険を減らして、心臓健康を向上させることができます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180722202105j:plain

5. オリーブオイル

オリーブ呉一島アボカドと同様に単一不飽和脂肪を含んでいて悪いコレステロール数値を下げて有益なコレステロール数値を高めるのに役をくれないんですね。 抗炎症や抗酸化効果を提供する豊富なポリフェノールの供給源でもあります。 したがって、オリーブオイルを摂取すると、血管をきれいに作って、血圧を下げる効果も得られます。

 

f:id:bryan0230:20180722202141j:plain

6. オート麦

オート麦は、コレステロールの吸収能力を遮断して、悪いコレステロール数値を下げるのに効果を与える水溶性食物繊維を供給するのですが。 不飽和脂肪酸カリウムが豊富なためにコレステロール数値の上昇を予防します。 また、オート麦のマグネシウムは血糖を調節する役割をし、糖尿病の予防に役を与えます。

 

f:id:bryan0230:20180722202215j:plain

7. 緑茶

緑茶は抗酸化物質と必須栄養素を豊富に含有している健康に有益な飲料です。 悪いコレステロール数値を下げて、良いコレステロール数値を高めるのに役を与えます。 また、中性脂肪の数値を減らすのに役立つポルリコサノル成分が含まれており、活性酸素除去や血糖値調整、免疫力向上などの効能を得ることができます。


スポンサードリンク