食べれば食べるほど健康になる緑色野菜5つ

緑の光を帯は野菜のほとんどは健康に有益な成分を多様に含んでいます。

不足しがちな栄養分を十分に補充でき、毒素や老廃物除去、コレステロール調節、皮膚の改善、抗ガンおよび抗炎症効果など、健康管理に助けを受けることができます。


スポンサードリンク
 

 

したがって、献立によく含ませ、摂取しなければならないんです。 ほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、ケール、collard greensなど、食べれば食べるほど健康になる緑色野菜5つを紹介します。

 

食べれば食べるほど健康になる緑色野菜5つ

f:id:bryan0230:20180724102151j:plain

1. ホウレンソウ

ホウレンソウはカルシウム、マグネシウムカリウム、食餌繊維,ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなど、非常に多くの栄養素を含んでいるので健康に有益です。

実際に、調理されたホウレンソウ1カップは一般的に不足しがちな7つの栄養分の相当部分を補うことができ、ビタミンKの1日勧奨量の400%に近い量を提供して、24%に上るカルシウムを提供します。

ホウレンソウは軽く蒸したり、炒めた形で摂取することが最も理想的な方法です。

 

f:id:bryan0230:20180724102304j:plain

2. キャベツ

キャベツは代表的な健康食品で、デトックスに卓越した効果があるんですが。 ビタミンA、C、U、K、ソルポラパン、食物繊維などの成分が豊富です。

特にキャベツのビタミンUとKは胃の粘膜を流れるホルモンの分泌を助けて胃を保護し、胃炎や胃潰瘍を緩和させるのに役立つため、辛くて塩辛い味を好む人にいい食べ物です。


スポンサードリンク
 

 

また、ビタミンCやミネラル成分は毒素除去や肌の美容にも効果的です。

 

f:id:bryan0230:20180724102402j:plain

3. ブロッコリー

ブロッコリーにはがん発病や特定の癌の再発を防ぐことができる化合物のスルフォラファンや黄斑変性の発病危険を下げるのに役立つカロチノイドが含有されています。

また、ブロッコリーと同じアブラナ科野菜には葉酸、ビタミンC、フラボノイドのような抗酸化物質があり、体内に肝臓を浄化する有機硫黄化合物であるグルルコシノルレイトゥ成分を作り出し,これを通じ、毒素と老廃物を除去することができます。

 

f:id:bryan0230:20180724102549j:plain

4. ケール

ケールは野菜の王と呼ばれる食品にカロリーが少なくながらも、ビタミンA、C、Kおよび脂肪酸とミネラルを含めて多様な栄養分を豊富に含有しているためにスーパーフードとして人気が多いですよ。

ケールを地道に摂取するため、皮膚や毛髪の改善、コレステロール調節、気分の改善、抗炎症効果、骨の健康の向上、抗癌効果などを得ることができます。

 

f:id:bryan0230:20180724102649j:plain

5.collard greens

collard greensはヤンベチュグヮ植物で牛乳一杯よりも多くのカルシウムが含まれています。

また、いくつかの有益な抗がん成分で武装しており、コレステロール数値を下げるのに最も適した緑色野菜の一つでもあります。

このほかにもビタミンA、C、Kも豊富に含有しているんですが。 オリーブオイル、たまねぎ,ニンニクと一緒に煮た後食べるとより健康的に摂取することができます。


スポンサードリンク