飛行機でとりわけコーヒーの味がなかった理由

f:id:bryan0230:20180805160237p:plain

長時間飛行市、時差による疲労感と早い飛行機の出発、ぎりぎりな軽油スケジュールなどの理由で疲れを感じることは、考えてみれば当然です。


スポンサードリンク
 

 

このような疲労することを解決する上ではコーヒーが最適です。 人類の最も親しい友達であるコーヒーは飛行機旅行で必須のように感じられますが、ここには一つの問題があります。 すぐ飛行機で飲むコーヒーは、味がないという事実なんです。 飛行機でとりわけコーヒーの味がない理由とコーヒーを代替する飲料を調べてみます。



1. コーヒーを入れ水の停滞

f:id:bryan0230:20180805160302p:plain

飛行機でコーヒーを沸かすために使用される水はトイレで手を洗うのに使用される水といった水タンクから出ているとします。 話だけ聞いても水の味が落ちるようですが。

実際に米国の有名航空会社の乗務員たちが、このような事実を暴露して話題になりました。


スポンサードリンク
 

 

味も味だが、きちんと消毒したり、定期的に清掃されない飛行機の水タンクで出た水でコーヒーを入れたら、大腸菌が乗り換える可能性が高いですね。 ために飛行機乗務員達は飛行機搭乗時、コーヒーや紅茶を絶対に飲まないそうです。

 

2. コーヒー抽出過程

f:id:bryan0230:20180805160341p:plain

飛行機が飛んでいる35,000フィート(約10.67km)の上空から水を沸かしたらどのような現象が起きるのでしょうか。 これほどの高さなら、水が普段よりはるかに低い温度で沸騰になります。 そして結局、コーヒー豆の一部だけが抽出されてクオリティが落ちることになります。 結局、味も一緒に落ちざるを得ないと言います。

 

3. 私たち舌の反応

f:id:bryan0230:20180805160404p:plain

コーヒーの味の問題は単にコーヒーと水の過ちだけはありません。


スポンサードリンク
 

 

舌の味を感じる部分も問題だからです。 飛行機内の圧力、乾燥した空気と高度の影響によって我々の味覚を約30%低下させると思うのですが。



ために機内食とおやつ(ピーナッツ、プレッツェルなど)を見れば常に塩がたくさん入った食べ物たちを中心に出ます。 それで機内コーヒーを飲むことになるば、どんなに砂糖をたくさん入れても味自体を感じることができない場合が生じることもします。

 

 

4. コーヒーの代わりににワイン

f:id:bryan0230:20180805160433p:plain

しかし、心配する必要が全くありません。 次の飛行ではコーヒーの代わりにワインを飲んでみてください。 ワインは空の上で飲む時、はるかにおいしいという実は分かっていたんですか。

米国のデルタ航空の機内ワインソムリエであるアンドレア・ロビンソン(Andrea Robinson)氏によると、"普通の風味のないワインも高い高度から、味がよかってくる"と言っています。

 

これはコーヒーの味をさらに悪化させるのと同じ理由である乾燥した空気や機内の圧力のために起きる現象といいますが。 飛行機の船室は本当に乾燥しています。

 

乾燥した環境であればあるほど、人の鼻の環境また、乾燥してきます。 鼻が乾燥すれば、多様な香りを担当できないんです。 このような理由として、専門家たちは軽くて香りが強いワインを推薦するそうです。


スポンサードリンク