アマゾンの顔認識システム、国会議員28人を犯罪者として認識する誤り

米国市民自由連盟がAmazonが開発した顔認識システムをテストしました。

米国連邦議員の顔と犯人の顔写真のData baseを比較しました。

その結果28人の議員が犯人と認識された不具合を発見しました。

この結果で顔認識システムを警察、法執行機関に導入することに対して憂慮を表明しました。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180814232341p:plain

たくさんの国からこのような顔だったシステムを導入しています。

群衆の中にいる犯人を探し出す技術で警察が主に利用しています。

実際にAmazonで開発したこの顔認識システムを米国の2州で保安カメラに適用してきました。

一方、英国でもこのような顔認識システムについて否定的な意見が出ています。

何の研究ではエラーが98%に上るという報告書も出ています。

 

f:id:bryan0230:20180814232705p:plain


スポンサードリンク
 

 

今回米国でテストした実験では二万五千枚の犯人の顔をdata baseとして使われました。

そのうち28人の議員を犯人の顔にケチしました。
ここには一つの特異点があります。
間違って認識した28人の議員の中40%の11人が有色人種のでした。

連邦議員の中、有色人種の割合は20%です。
つまり、顔面認識システムは白人よりは有色人種について不具合を起こす可能性が多いという事実です。

 

f:id:bryan0230:20180814233045p:plain

 


スポンサードリンク