質屋で50ドルで買い入れた'バイオリン'、知ってみると、'25万ドル'?

f:id:bryan0230:20180816224943p:plain

古いものの価値は想像を越えることもします。 それで骨董品だけ専門的に取引する人たちが生まれるようになったんです。


スポンサードリンク
 

 

最近、米国メディアボストン25ニュースはマサチューセッツ州のある質屋から買い入れた50ドル(約6千円)のバイオリンが25万ドル(約1千万円)の価値があるものだったと伝えました。

 

ソモビルにある質屋の新入社員が長くなったバイオリン一つを50ドルに買収しました。

 

ところで知ってみると、50ドルで買い入れたバイオリンはイタリアのバイオリン製作の家系であるガルリアノで1759年に製作した名品バイオリンでした。

 

f:id:bryan0230:20180816225117p:plain


スポンサードリンク
 

 

マサチューセッツ州法によると、質屋が品物を購入する時は、地域警察に通報しなければならない義務があるそうですよ。

 

地域の警察は"このバイオリンは盗難された物品であり、もともと所有者に改めて返還された"と明らかにしました。

 

一方、当該質屋マネージャーであるメクドミッは"これからバイオリンを持ってくる人たちに自分のものということを知ることができるようにバイオリンを演奏してほしいと要請すること"と話しました。


スポンサードリンク