インドを騒がせた鳩スパイ事件

f:id:bryan0230:20180818003859p:plain

昨年にインドではパキスタンで浸透したスパイ容疑で鳩一匹が拘束されたことがありました。 警察はレントゲンを撮るなど、身元調査までしました。

このスパイ鳩は、インドとパキスタンの国境付近で14歳の少年がつかんだところ、翼にウルドゥー語(インドとパキスタン公用語)で何か書かれているのを発見、警察に通報して逮捕されようになりました。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180818003932p:plain

f:id:bryan0230:20180818003943p:plain

(写真-当時拘束されたハトの姿)

 

当時、インド政府はこの鳩を詳しく調査したが、不自然な点は発見されていません。 しかし、パキスタンと戦争の歴史があるためか、'スパイ容疑がある'、相当長い期間、拘束しました。

そして数日前に英国ミラー誌によると、先月にもインド空軍基地でとれたハトの一匹が拘束される事件があったと思うのですが。 この鳩の容疑は'インド首相を脅迫する内容'ためだったとします。

"モディ首相、1971年とは状況が違う。 私たちは子供たちから大人まですべてインドに立ち向かって戦う準備ができている。"


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180818004019p:plain

このような鳩スパイがちょっと無茶な話に聞こえるかもいるが、動物たちが、スパイ容疑で逮捕されたことは意外に多い。 2008年にはイランの核施設付近で鳩がスパイで逮捕されたことがあり、2013年には翼に機械が装着されたコウノトリナイル川で逮捕されたことがあります。

 

f:id:bryan0230:20180818004040p:plain

ベトナムでは2014年に中国で送ったスパイと疑われる鳩16頭が拘束される事件もありました。 動物たちは自然の一部だと特別な場合でなければ発覚するケースが非常に稀なためにまだたくさんの国から動物スパイを利用しているとします。


スポンサードリンク