ココナッツ・オイルは'純粋な毒'と発言したハーバード大学教授

f:id:bryan0230:20180824001748p:plain

ココナッツ・オイルを地道に食べる人が意外に多い。 ダイエットに積極的に活用する人たちもあります。

 最近、ハーバード保健大学院のカリンミシェルス教授は、ココナッツ・オイルが健康な食べ物がなく、'純粋な毒'と発言し、話題になっています。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180824001816p:plain

彼は先月'ココナッツ・オイルと他の栄養学的な誤謬'というテーマの講演で"ココナッツ・オイルはあなたが食べられる最悪の食べ物の一つだ"と言ったんですよね。

 

ミシェルス教授によると、"ココナッツ・オイルは健康食品として宣伝されているが、健康効果を裏付けるデータがほとんど存在しない"と明らかにしました。

f:id:bryan0230:20180824001849p:plain


スポンサードリンク
 

 

米国タフツ大学の栄養学教授であり、米国政府指針諮問委員会の副議長を務めているリヒテンシュタインやはりニューヨークタイムズに"ココナッツ・オイルの肯定的な効果を裏付けるデータはほとんどない"と説明しました。

  

また、米心臓協会のデータによるとココナッツ・オイルに含まれた地方の80%以上が飽和脂肪酸と申します。

f:id:bryan0230:20180824001929p:plain

これはバター(60%)、牛肉(50%)、豚肉(39%)よりはるかに高い割合です。 飽和脂肪酸を多く取ると、心血管疾患の危険が増加します。

 

ココナッツ・オイルの使用をビチュチョンする米心臓協会は成人が一日に摂取する飽和脂肪酸は、1日の摂取カロリーのうち6%を超えないものが良いと言います。

 

ココナッツ・オイルを摂取する時は注意が必要します。


スポンサードリンク