時間を無駄にしなくて効率的に働く14つの方法

01.1日を24時間の代わりに1440分と認識する

一日は1440分だ。 "時間は金だ"という言葉を強く信じているならば、毎瞬間、達成できる計画を立てなければ効率的に動かすことができる。

 


スポンサードリンク
 

 

02.、マルチメディアプレーヤーがない"一つに集中"しよう

集中力をくずすことは、ひとまず切り離して"最優先"としたい作業を午前1~2時間以内に終えてみよう。 特に目標に接近するのに必要な道具を準備したり、会社から進級のための業務をする時間に合わせばいい。

 

 

 

 

03.To Doリストを作成しない

To Doリストは見やすいが、リストに41%は意外にも解決できずに終わる場合が多い。 また、'ジャイカルニク効果'によると、人は達成したことより達成できなかったことをはるかによく記憶してそんなことが多くなるほど、不眠症とストレスを受けることになる。

終わらせたい事はリストに作るものより時間を決め、一定に管理することが確実に効率的に働くことができる。

 

 

04."未来の自分"をあまりにも信じるな

ひとまず、買っておいたら食べるんだよね...って考えで買っても、1ヵ月間、終始野菜は冷蔵庫から腐っていくのだ。 未来の自分は思ったより信じそうしディない。 人生設計を本当に上手な人は未来の失敗を防ぐため、"今の私が何をすることができるのか?"を思う。

 

 

05.夕方には早く帰宅して自分の時間を作る

いくらしなかったことが山のように溢れてもあなたの一日が1440分という事実は変わりがない。その枠組みの中で大切な人と過ごす時間を作ることも非常に大切なもの。"家族と夕食を食べる"など個人時間もモードの日程に入れておこう。

 

 

06.アイデアを敵を手帳を作ろう

英国企業バージンの設立者'Richard Branson'は"何か敵を手帳がなかったら、バージンには生まれなかった"と話した。

イデアが思い浮かぶとすぐに書くことができる手帳を作ろう。


スポンサードリンク
 

 

07.メールと送るメッセージは一緒にチェックしよう

効率的に働く人はメールが来るたびに確認しない。 メールの受信数が多いと時間を決めて一度積もった電子メールを読んで"回答する時間"を一緒に作っている。

 

 

08.無駄な会議は最善を尽くして避ける

予定より遅く始めて人はいないし、段時間は過ぎ去り、... そんな集まりほど余計なことがない。

米国での事業家'Mark Cuban'は"誰も関心を持っていないミーティングに出る必要はない"と助言した。 自分に関係のな集いなら途中に外れてもいい。

 

 

 

09.大部分はただ断る

米国投資者'ウォーレン・バフェット'はこう語った。 
"仕事をうまく解決する人はほとんどみんなにNoと言う"

時間は限られている。 Yesというのは慎重に選択しよう。

 

 

10.<80:20の法則>を理解し合おうね

この規則は全体構成の一部がほぼ全体数値を生んでいるという理論だ。

例えば、"売上の80%は全体顧客の20%が起こす"という。 結果を生むのは80%の努力中20%に過ぎないので、不必要なところに努力を使っていない。

 


スポンサードリンク
 

 

11.必要ならば他の人にも仕事をまかせよう

彼らは私に望んでいる質問は"どういうふうに 私がこの作業を終わらせるのか?ではなく、"どのようにこの作業を終わらせるのか?"だ。

一人でしなければならないという考えは捨てて最も早く終わらせる方法を考えよう。

 

 

12.時間にとらわれないと、

メールを整理する中、返信内容に対する業務を直ちにしなければならないという癖がついていたら仕事を台無しにする可能性もある。 効率的に動く人は今すぐなすべき仕事と遅らせてなることを確実にけじめを知る。

 

 

13.朝生活は規則で作る

水を飲んだり、健康な朝食を食べるのも良い。

もちろん運動をしたいなら、それを入れてもいい。 仕事をする前にリフレッシュすることができる習慣を作ったり、アイデアを考える時間、自分の考えを整理する時間もいい。

 

 

14.何より重要なのは"食べること"と"眠り"

食べることと寝ること。この二人は少しでも疎かにすると、1日に必要な集中力とエネルギーを使うことができない。 エネルギーが不足した人にならないよう、1日3回のご飯と睡眠はちゃんとしよう。


スポンサードリンク