ピンクオタクたちに現れた衝撃的な変化7つ

ピンクオタクたちに 現れた衝撃的な変化7つ

 

"春風を翻して~舞い散る桜の花びらが~"

さやさやと風と共に春が目前に迫ったようです。 人たちはすでにから桜の開花時期や春の祭りを確認しながらときめきを閉じ踊っていません。

春といえば、たくさんの色が浮かぶけど、その中で断然トップはピンクではないでしょうか

眺めてばかりあっても愛らしくて暖かい感じがするし桜を連想させる華やかさが春とよく似合うからのようです。


スポンサードリンク
 

 

しかし、ただ感じだけがないとしています。 実際にピンク色を好きでよく見ると、私たちの体には驚くべき変化が訪れると言いますね。

単に色を越えて、我々に肯定的な効果を与える ピンク。今年の春にもピンクピンクした魅力にはまってみてください。

 

1.自信上昇

 


 

敏感、小心な人たちは活気にあふれ、エネルギーに満ちたピンク色をよく見ると、自信感を高めることができるそうです。

 

 

2.食欲の増加

 


 

ピンク色をはじめ、赤、オレンジ、黄など暖かくて、暖かい感じを与える難色系列は食欲を促進すると知られています。

実際、ある研究によれば、同じ人が難色系列の色の皿に食べ物が盛り込まれている場合、そうでないときより食事の量が約20%ほど多いことが明らかになったんです。

これに対して青色系列は我々の理性的な思考を助けて食欲を抑制するそうです。

 

 

3.緊張緩和

 


 

ピンクは赤と白の混合でエネルギーと同時に安定感を与える色です。

普段に緊張をたくさんして休息が不足した'ワーカホリック'な人たちが周りにピンクの物を置かれれば、効果を見られるとします。

 

 

4.熟眠誘導

 


 

不眠症に苦しみ、毎晩孤軍奮闘する人たちに良いです。 また、マッサージを受けたり、休憩時間を楽しむときもピンク色をよく見ると、有用と言っていますが。

特にトーンダウンされたピンク色の'インディーズピンク'は私たちの視神経を刺激し、脳に血液を供給する上で役立つと明らかになったんです。

 


スポンサードリンク
 

 

5.皮膚の弾力増加

 


 

蜂蜜のような肌になりたいならピンク色を近付けてみてください。

ピンクは日光をよく吸収する色だが、日光は脳下垂体をはじめとする視床下部を刺激して内分泌器官を活性化させると知られています。

つまりピンク色を近づけると健康もよくなるだけでなく、皮膚の弾力も増加する、一石二鳥の効果を見られることなんです。

実際、ある実験では女性がピンク服を着てピンクの色で彩られた部屋で一定期間生活した結果、以前より性格も明るくなり、容貌も断定して書いたと言います。

 

 

6.保護本能刺激

 


 

ピンクは春そして愛が浮上するだけに、見ただけでもわくわくする色です。

実際、ピンクは暖かくて温和な感情を誘導して保護本能を刺激しながら愛の感情を呼び起こすとします。

 


スポンサードリンク
 

 

7.妊娠の確率の増加

 


 

ピンク色を見て内分泌器官が活性化されれば、女性ホルモンのエストロゲン(Estrogen)の分泌を促進して妊娠の確率を高めてくれるといってです。

子供を持ちたい希望する女性と妊婦たちの間では'周りをピンクで塗りつぶししなければならない'いう言葉があることもあります。


スポンサードリンク