不安,緊張,拒絶を表す動作

人の心理は必ず動作で示されるようになっています。 そのような動作で現在その人の心理を知る時間を持つようにします。

今日の心理把握、不安緊張拒絶を表す動作に何があるかから調べてみます。


スポンサードリンク
 

 

人の心理が起きやすいな部位は、腕や手であり、一番うその言えない部分は視線の動きと申します。

もし今あなたの目の前の人の動作に隠された心理、気持ちが知りたければ、そっとチェックしてみてください。

 

f:id:bryan0230:20180825165312p:plain

*腕を組む心理

拒絶の表示です。 相手がどう出るかどうかをチェックする状態で私自身は心を開いていないという心理で守備者と見ることができます。 腕組みをしているときは本心を物語っていない傾向があります。

 

f:id:bryan0230:20180825165334p:plain

 

*唇を触る心理

不安を感じています。 誰かに意志したいと思いながら自分がもうどうすれば良いか考えてはいるが、いい考えが出ない時、唇を触られる傾向があります。

 

f:id:bryan0230:20180825165439p:plain

*唇をなめる心理

緊張を表す動作です。 唇を触ることに比べれば、少しは軽い緊張感です。 周辺にあまり気を使っているというサインである可能性があります。 人は緊張すると唾がよく出ないために口眼科唇が早く乾いてなります。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180825165505p:plain

*自分の膝に手を離した動作の心理

かなり緊張しているという動作です。 心が穏やかではないという意味で周辺の雰囲気に圧倒されている状態です。 その場所の雰囲気に慣れず、周辺を注意深く観察している状態です。

 

f:id:bryan0230:20180825165527p:plain

*足を震わせた動作心理

神経質になっていることあります。 不安でいらいらしていらいらする感情を抑えとしています。 対話に不快感を感じたり、だるさを感じたとき、自分のペースを乱さためにする動作です。 また、難しい内容を考えている時も足をゆすっていた動作をします。

 

f:id:bryan0230:20180825165557p:plain

*頬杖を突く心理


スポンサードリンク
 

 

何かを我慢していたり、退屈の時によくする動作です。 基本的に顔に手を出しているのは、自分を慰める行為であり、頬杖を突くのは感情を抑えていこうとする証拠です。 普段から自分を感情をこらえている性向が多く、他人に嫌な音をよくできない優しい人が多いです。

 

f:id:bryan0230:20180825165619p:plain

*お腹をさすった動作心理

疲れていると言う意味を示します。 お腹が痛くもないのに腹を触ることは自信がなかったり、気が弱い人が多いです。 弱くなった自分を慰めていこうとするサインで何かを我慢したり退屈なときに出た動作心理です。

 

f:id:bryan0230:20180825165638p:plain

 

*髪の毛を触る心理

自分が自分を慰労する典型的な動作の一つです。 どこか不安感を感じたり安心感を好きな時に自分の心を安定させようとしています。

 

今日の心理把握、不安緊張拒絶を表す動作の中に隠された心理を調べました。


スポンサードリンク