中国がステルス技術で複製することが難しい理由


 

西側の最新鋭ステルス機F22、日本と韓国をはじめとする連合国で共同で導入する導入するF35全世界は5世代ステルス戦闘機の開発、導入に多くの力を入れている。 ロシアまた、PAK-FAと呼ばれる5世代ステルス戦闘機を開発中にある。


スポンサードリンク
 

 

中国のステルス戦闘機の開発は1997年にさかのぼる。 当時、中国に代表的な軍用航空機メーカーの成都航空機工業と瀋陽航空機工業が競争した同事業は当時、中国版F-16と呼ばれたJ-10程度を独自開発する技術水準に止まっていた 中国にはかなり難しい事業だった。

 

 

しかし、1998年のコソボ戦争が勃発し、米空軍にF-117ステルス戦闘機がセルビア軍に撃墜される事件が発生し、戦闘機に残骸は中国に送られ、J-20戦闘機の開発に大いに役立つ。 J-20は2008年成都航空機工業が製作した試製機で2010年末まで2台が製作、2011年初めも飛行に成功した。

 


スポンサードリンク
 

 

J-20のスペック上の目標はAESAレーダーを通じての隠密な作戦遂行とともに、アフターバーナーを作動せず、マッハの速度で巡航が可能なスーパークルージング技術を搭載すること、半永久的なステルス塗料を適用して整備しやすさを増やすことを目標とするが、現在、中国J-20は、このうち、ただの一つも達成できなかったものと判断されている。

 

 

全体的なデザインは欧州型戦闘機に多く見られるエンテ型-デルタデザインを適用したが、このデザイン自体がステルス性能に悪影響を及ぼすデザインであるだけに、立派なステルス塗料を開発していなかったら、レーダー反射面積が増加してステルス性能に悪影響を受けることができる。

 

                                                             


スポンサードリンク
 

 

ただ、全般的な機体デザインでステルス性能を極大化するための努力を見ることができるが、機体のランディングギア収納呼ぶ楔状に処理して空気吸入口を含めた各領域に外枠処理や格子型メッシュを装着したまた、一体型キャノピーとステルス形状空気吸い込み口が採択、ステルス性能向上に努めた。

 

 

単座双発機の形で制作されたJ-20はF-22より大幅にデザインされており、規模が大きいだけに、内部ポクジャンリャンの面でF-22F-35よりは優れているものと予想される。 J-20は両サイドの内部武装窓に空対空ミサイル2発、中央内部武装窓には6発の空対地ミサイルを搭載でき、制空権掌握のための必要十分な武装を備えていると見ることができる。

 

 

それなら専門家たちは一体どうしてJ-20が米国F-22に勝つことはできない評価してるんだろう? 最も大きな問題はレーダーとエンジンだ。 最近、多くの国家たちが戦闘機を開発しながら、関連技術が開発中の場合一応既存の技術を入れて戦力化したあと、該当技術が開発されてグレードアップする方式で進んでいる。

 

                                                             


スポンサードリンク
 

しかし、J-20の場合は少し違う。 ひとまずロシアはステルス戦闘機に装着するほどの信頼性と性能を備えたエンジン開発能力がないだけでなく、5世代戦闘機に必ず必要なスーパークルージング技術と共にステルスノズルも整っていない状態であるだけに、現在開発中の初期型J-20はすべて4世代戦闘機級の性能のみを発揮していると言える。

 

 

最近、中国は、米軍と同レベルの国防費の支出を通じ、自国に軍事力と技術力向上に努めているが、技術格差ということは、短期間にカネだけで解決できないものであるだけに、簡単に縮めることができるギャップはない。

 

 

また、一つに大きな問題はまさにレーダー問題だ。 中国は自国にレーダー技術をロシアとイスラエルに依存していたが、欧米圏国家で中国側に軍事兵器に対する輸出禁止を下したため、エンジンと同様に独自開発を進めており、1856つのモジュールを装着したAESAレーダーをJ-20に適用したと明らかにした。

 

 

ただ、ハードウェアだけでなく、ソフトウェア的な部分も重要なだけに、現在J-20が量産を開始しない理由もエンジンやレーダー、二つの部分が完全に解決されていないことを把握することができる。 J-20は、中国が2050年ごろまで念頭して製作した5世代最新型ステルス戦闘機だったが、現在までは約4世代程度のレベルに戦闘機と把握されており、現時点で西側の5世代戦闘機と競争するには不足したスペックだが、国防費に大きな投資をしている中国人だけに、10年以内には技術格差を解消できるものと判断される。


スポンサードリンク