'コーヒーダイエット'に成功する3つの方法

'コーヒーダイエット'に成功する3つの方法

 

 

 

▶ コーヒーのダイエット効能


スポンサードリンク
 

 

コーヒーは体脂肪を分解して利尿作用を促進させ、血液循環を円滑化により体内の老廃物を体外に排出する作用をする。

また、コーヒーは、血管を収縮させる作用をしながら、人体のエネルギー消費量を約10%程度増加し、肥満防止に役立つ。

 

 

カロリーを計算してみたら、コーヒーはブラックで飲んだ場合、わずか1カロリーの外にならなくて、砂糖を入れても角砂糖2個程度のカロリーは10カロリー未満に過ぎない。

 

これは階段20間上がるや繩跳び1分程度で、消耗される小さな運動量に該当する。 ミルクだけ入れなければ、特にダイエットコーヒーがなくてもカロリーの心配がない良いダイエット飲料になる。

 

1. コーヒーの香りを楽しみなさい

 

 

コーヒーダイエットはコーヒーが好きな人がやれば成功する確率がもっと高い。


スポンサードリンク
 

 

朝をモーニングコーヒーで始まる人、コーヒーの香りを好きな人なら、ok.、立ち上がるや否や香ばしいコーヒーの香りを精一杯しながら一日を始めてみよう。

 

コーヒーの香りは心を楽にしてくれてストレスを解消してくれる弛緩効果が高く、ダイエット中な人に心を安定させ、余裕を持たせる効果がある。

香りを楽しむことからコーヒーダイエットは始まるという点を忘れないでコーヒーを飲む前、1分間はコーヒーの香りを存分に務める。

ダイエットの第一歩は心を楽に持つことを再度上記せよ。

 

2. コーヒーも飲んでダイエットもして、一石二鳥

 

買い食いが思い出されるとき、なんか小腹がすいた時、甘い物が食べたい時におやつの代わりに飲むコーヒー一杯は水分と一定量のカフェインを可能にするのでカフェインが与える利尿作用と一緒に体脂肪生成抑制の効果がある。


スポンサードリンク
 

 

コーヒーが体に有害と考える人がいるかもしれないが、コーヒーが人体に実際にを与えかねない程度の摂取量はコーヒー豆50杯以上を30分以内にすべて飲んだ場合ほどと言ったらこれは心配しなくてもよいだろう。

 

3.コーヒーかすを活用しよう

 

コーヒーを入れてからの沈殿物をそのまま捨てる人はコーヒーを半分だけ利用するわけだ。

かすが残っていないインスタントコーヒーやダイエットコーヒーなら、別段問題はないが、コーヒー豆の場合はそのまま残る断片で肌マッサージをしてみよう。

 

コーヒーマッサージは皮膚を潤沢にする効果がある。 マッサージが面倒なら、コーヒーの滓に香りお風呂をしてみるのも一つのアイデアといえる。


スポンサードリンク