一緒に食べれば'毒'になる薬と食べ物11つ

一緒に食べれば'毒'になる薬と食べ物、11つ

 

 

1.ご飯やパンに入っている炭水化物がタイレノールと混ざると、薬の吸収をじゃまする。

 

f:id:bryan0230:20180826162203p:plain


したがって、タイレノールと同じ鎮痛剤は、公僕に食べたり、食事と2時間間隔を置いて食べたほうがいい。


スポンサードリンク
 

 

2.牛乳を制酸剤(胃液をアルカリ化させる薬)と一緒に服用をすれば場で解けなければならない制酸剤が、上から溶けてしまいて効果を見ない。

 

f:id:bryan0230:20180826162231p:plain

アジンタル、ノルモ、メディあることのような消化剤やアルドゥリン、アルフォース、ロゲル、ノイシリンのような制酸剤を服用する時は牛乳・チーズ・ヨーグルトなどのような乳製品の摂取を慎まなければならない。 牛乳に入っているカルシウムが薬の吸収を防ぐためだ。

 

3. アスピリンと清涼飲料を一緒に食べることも、清涼飲料の炭酸がアスピリンの吸収を妨害してよくない。

 

f:id:bryan0230:20180826162310p:plain

 

4.眠気を追い出す風邪薬のカフェイン成分がコーヒー、緑茶のようなカフェイン飲料に会うと、相乗作用を起こし、不眠症、めまい、嘔吐などを引き起こす可能性がある。

 

f:id:bryan0230:20180826162335p:plain


スポンサードリンク
 

 

5.高血圧の薬と果物ジュースは血圧を過度に下げて眩暈を起こす。 その中でもジャモンジュースは特に相克だ。

 

f:id:bryan0230:20180826162358p:plain

 

6.喘息に使う気管支拡張剤とチョコレートも、一緒に食べると薬効が二倍以上強くなって頭痛、嘔吐などの副作用を招く恐れがある。

 

f:id:bryan0230:20180826162424p:plain

 

7.風邪薬や便秘薬も乳製品と一緒に服用しないほうがいい。

 

f:id:bryan0230:20180826162445p:plain

風邪薬や便秘薬に入っている"テトラサイクリン"成分が乳製品と作用して、薬が20∼30%程度しか体内に吸収されず、薬効が十分に発揮されていないためだ。 したがって、これらの薬を食べた場合には2時間以上経った後に乳製品を摂取したほうがいい。

 

8. 制酸剤は果物ジュースと一緒に服用してはならない薬だ。

f:id:bryan0230:20180826162512p:plain

特にオレンジジュースは制酸剤のアルミニウム成分を体内に吸収させかねないので注意しなければならない。


スポンサードリンク
 

 

酸性グヮイルジュ砂炭酸ソーダは制酸剤が場に至る前に上から先に溶けて作るために一緒に服用してはならない。 しかし、鉄分制の場合、酸性ジュースが吸収を助けるために一緒に服用したほうがいい。

 

9. ビタミン剤は車と一緒に食べない。

f:id:bryan0230:20180826162539p:plain

ビタミン剤や貧血治療剤(ヘモペロン)を服用する時は緑茶や紅茶などを控えることがいい。 緑茶や紅茶に含まれるタンニン成分が薬物の固有成分を変化させ、薬効を落とすためだ。

 

10. 睡眠剤、鎮痛剤と一緒に食べているアルコールは体に致命的だ。

f:id:bryan0230:20180826162613p:plain

睡眠薬や抗不安、私、鎮痛剤、咳や風邪薬などはお酒と完全にいがみ合う間柄だ。 慢性的にお酒を飲む人はたいてい薬分解がうまくいかず、効果を期待し難い。 また、咳止めに入っているエフェドリン成分はカフェインと相克作用を起こして心臓に負担を与えかねない。 コーヒー、コーラ、チョコレートなどは控える。

 

11. ヨーグルトや牛乳、バターなど、牛乳製品と食べた後、抗生剤を服用すると吸収に影響を及ぼす。

f:id:bryan0230:20180826162637p:plain


スポンサードリンク