一般自転車を電気自転車に作ってくれるRubbee-X

丘の多い日本は、一般自転車ではなく電気自転車がもっとたくさん普及されなければなりません。

 

一般自転車は平坦な川辺よって作られた自転車道路で走ったのはいいが、随時丘が出ている市内道路に沿って走ること難しいです。 それでどの国より、電気自転車がもっとたくさん普及されなければなりません。

 

しかし、電気自転車は依然として高いです。 さらに、値段が高いので盗難のリスクも大きくます。 自転車登録制が導入されなければならないが、日本のように自転車を探してくれる警察もありません。


スポンサードリンク
 

 

警察に盗難の届出してみなければ何をこんな物をすべて申告をしてですかという表情でみましょう。 したがって、電気自転車は、事務所や家のベランダに仕えなければならない存在です。

 

しかし、中低価格の一般自転車を簡単に電気自転車でするなら、電気自転車の新たな代案がいいじゃないですか?

 

一般自転車を電気自転車に作ってくれるRubbee-X

 

Rubbee-Xは一般自転車後輪に電動アシストを付けて電気で走行できる電気自転車アシスト装置です。 普通の電気自転車は自転車ハブに電動アシストを甘いですがこのRubbee-Xは、後輪に直接電気動力を伝達します。


スポンサードリンク
 

 

後輪とここの下につけて固定する形です。

 

今回初めて出たのではなく、2013年にRubbeeという名前を出ました。 初期モデルだったからかなり不恰好な姿をしました。

 

2013年に発売当時、ヴァージン・グループの'リチャード・ブランソン'も絶賛をしました。 このRubbeeは、従来の自転車を活用できるという点が最大の長所です。


スポンサードリンク
 

 

また、脱着と付着がとても簡単なことも長所です。 誰でも簡単に7秒だけで簡単に一般自転車を電気自転車に変身させることができます。

 

2017年新たにリリースされたRubbee-Xは既存のRubbeeの長所はそのまま継承し、問題になった点を改善して機能を追加しました。

 

先に取り外しの速度をより改善したクイックレバーを使用しました。 既存製品が7秒がかかったら、Rubbee-Xは1秒しかかかりませんでした。

 

しかし、このような自転車のタイヤに電気動力を伝達する方式は便利だが、問題点もあります。 先にローラーやタイヤの間で車輪が空転しする事態が発生することができます。 したがってモーターパワーがタイヤに100%伝達されません。

 


スポンサードリンク
 

 

この問題点を認知したRubbee-Xはタイヤに、より強力に密着するためにスプリングを強化し、雨が降っても滑りが発生しないようにローラー素材も変更しました。

 

これと似たような製品はちょっとあります。 そんな競争製品と差別化のために回生ブレーキ機能も入れました。 この回生ブレーキハイブリッド自動車で使用する技術で、下り坂では自然にできる位置エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーを充電します。 そんなに充電された電気は平地や坂道を上るときは使用します。

 

 

スマートフォンと連動も可能です。 専用アプリでモーター出力や再生ブレイトゥ設定をすることができます。 また、走行経路記録も可能です。

 

ブレーキを使用するとランプに火が入ってきて後ろの自転車や自動車に知らせることができます。 また、方向指示器などの役割もできます。 このような機能は、競争製品にはない機能です。


スポンサードリンク
 

 

 

バッテリーはモジュール化された3個のバッテリーを搭載しています。 バッテリー1つが約16kmを走ることができます。

バッテリー1個だけ実装すれば、重さは2.8kgでとても軽いです。 この程度なら自転車で通勤する人にいいです。 充電時間も短くて45分で充電が可能です。

 

しかし、週末に長距離自転車旅行をしたいときはバッテリーを2つに増やすと、なります。 走行距離は32kmに増えて本体は3.4kgに増えます。

 

充電時間は1.5時間に増えます。 3個のバッテリーを搭載すれば、48kmを走ることができ、本体重量は4.0kgに増え、充電時間も2.5時間に増えます。 したがって、自分の走行スタイルによってバッテリーを増やしたり、減らしたりすることができます。

とても賢いアイデアです。

 

Rubber-Xは商用化された製品はなく、ファンディング段階にあります。 クラウドファンディングサイトクィクスタトで、ファンディングを受けています。 価格は1電池製品が269ポンドで約40万ウォンです。

 

少し高い気がするけれど盗難心配なくある自転車も簡単に電気自転車に変身できるなど、メリットが多くてそんなに高い価格もありません。 ただ、気がかりなのは、このような方式はタイヤを強制駆動することにタイヤの磨耗度がかなり高いようです。

国内でも発売したらいいですね


スポンサードリンク