これを見ると死ぬ。 死の前兆7

この時間には様々な国で昔から言い伝えられている"死の兆し"7つをチェックします。

皆さんも周辺をよく見てください。


スポンサードリンク
 

 

1. 死の王冠

▲実際に発見された死のの冠

 

大きな病気にかかった人がもし心が羽毛になっている枕を使っているならば、もし羽毛王冠がその中に入っているかもしれません。

 

もしこの王冠が発見されていたら、3日以内に死神が迎えに出るとします。

 

この伝説は非常に昔から米東部のアパラチア地方の住民たちによって伝えられてきています。

この地域の住民たちは実際に死んだ人の枕でこの羽毛王冠を何度も発見して出したりもしました。

 

2.櫛ひげ虫の音

 

死の番人を意味するこの昆虫は、家の建築資材を通じて入ってくる害虫とされています。

この昆虫は夜ごとにこのような資材に頭をぶつけながら時計の秒針と同じ音を出すと言います。

その音は、私信が持っている死の時計をして浮上したりもします。

このためにこの音を聞いた人は間もなく使者が訪問することになるとします。


スポンサードリンク
 

 

 

3. 黒い蝶を見るようになる。

蝶の優雅な美しさは多くの人々にとって感嘆を漏らすように作るが、黒い蝶だけは"死"を象徴する不吉な存在として信じてきました。

 

もし家でこの黒い蝶を見るようになったら家族のうち1人がすぐ死ぬとなると言います。

しかし、一部の地域では、黒いちょうが死だけを意味するのはありません。

 

例えば、南部テキサスでは家の片隅でこの蝶が発見されれば、不幸な出来事が起きるとして、ハワイでは最近、この世を去った大切な人が最後の別れを伝えるために訪問しただろうと信じているとします。

 

4. ドプルゲンオに出会う。

 

ドーフゲンオは自分の肉体から魂が抜けて作られたセンリョンとずいぶん前から信じられてきました。


スポンサードリンク
 

 

自分とそっくりな人間に会うことができたらすぐ死ぬことになるという話は全世界的によくアルリョンジン迷信です。

▲ドーフゲンオルルに出逢ったエイブラハム・リンカーン

 

ドーフゲンオルル会った人物として、最も有名な人が、米国の元大統領のエイブラハム・リンカーンです。

彼は大統領職を務めていたていたある日の夜のソファーに座って休んでいたとするんですが。

ふと目の前に鏡を見たとき、その中に自分とそっくりな人がもう1人いたそうです。

 

自分と同様に生じたその人の顔色はひどく青ざめたし、どう見れば、幽霊のようでもしました。

彼はとても驚いて鏡に近づいて再び確認しようとしたが、すでにその時は消えた後だったとします。

 

リンカーンの妻はこの話を聞いて、何か悪いことが起きるだろうと直感したと言うのにです。

彼女の直感は的中したし、夫はすぐに暗殺されてしまいました。

 

5. 3回のノック

 

玄関の扉をノックする音が3度聞こえたら、家族の中で誰かが近いうちに死ぬようになったり、あるいはすでに死んだらを知らせるシグナルと申します。

 

英国ではこれとちょっと違うんですが、窓や玄関で数分間隔で3度たたく音が聞こえたら死の前兆と考えているとします。


スポンサードリンク
 

 

この迷信は昔からアラブとユダヤの伝統の中でも見つけることができており、その後全世界に拡散されています。

 

6. 月が複数登場する夢

 

夢は自分の精神状態を反映する心の鏡と言います。

多くの地域で特定の夢は死を予言するものと信じられています。

 

例えば、夢の中で複数の月を見たり、汚い沼やスプジを歩むことになると死が近いものだとします。

また、一部の地域では夢の中で歯が抜けるのは死の予兆になる恐れがあると信じられています。

 

7. 特定動物の訪問と泣き声

 

フクロウは暗い事件の前兆とつながる場合がたくさんあります。

例えば、フクロウが誰かの家の屋根で泣いていると、その家に住んでいる人が間もなく死ぬようになると言います。

 

また、黒い猫も"死"と関連されている場合がたくさんあります。

 

真夜中に黒い猫の泣き声を聞いたら、周りの人のすぐ死ぬことになったり、葬儀行列の前を黒い猫が過ぎたら、遺族のうち、誰かが3日以内に死ぬようになると言います。

 

また、患者のベッドに黒い猫が現れると、その患者がすぐ死ぬことになるという迷信があります。

言葉そのまま迷信です。 とても心酔しないでください。


スポンサードリンク