愉快な人生のための基本公式9つ

愉快な人生のための基本公式9つ

 

賢明な人は、万が一将来の危険をあらかじめ備えます。 現在の生活がいくら平穏だとしても、生老病死という自然の摂理を避けていける人は誰もなく、いつ、どんなことが起こるかも知れないのが私たちの暮らしだからです。


スポンサードリンク
 

 

中国作家ハオジュが聞かせる[愉快な人生のための基本公式9つ]となります。 安易な考えに陥って体も心も視する時や現実が不満に思う時,あるいは予想しなかった事が発生した時など望まない状況に直面した時、人生の基本公式を知っていればもっと余裕をもって対処できるはずです。

 

 

1  万事が面倒なとき

 

毎日同じ生活が続けば、惰性に浸り、緩むものだ。 すべての問題は、この時に乗じて発生する。 緩んだ隙を狙って、自分も知らないうちに習慣的な過ちを犯すようになるのだ。 悪い習慣が生活に深く定着する前に目を覚ますと。

 

愉快な人生のための基本公式9つ

 

2  私だけが運が悪いそうなとき

 

無条件に前だけ見て突進して出ることはないか? 道を歩くときは頭を上げて歩くものの、周辺も一緒に見なければならない。

 

すぐ目の前のことに気を使い、遠くを見ることができず、とならないし、とても遠くを見るために足元を見なくてもならない。 目をとじるのはさらにいけない。 


スポンサードリンク
 

 

前後左右に何が起こっているのか把握しつつ、歩け。 それでは避けなければならない不運も目につくことだ。

 

 

3  見え次第、信じて被害を見たとき

 

華やかで素敵な姿はいたるところで私たちを誘惑する。 ところで、このようなものが実は絵の餅かもっともらしい偽装された艦艇なら仕方がない。 だから見せるだけでぱくついて決定を下すのはフィホムハダ。 華やかさに惑わされるな。 目に見えるのが、いずれも真実ではない。

 

 

4  人よりもっとたくさん持ってたい時、

 

 

これがウェントク認可たいて浮かれたが、後にそれが何でもない無駄足だったことを分かるようになれば狼狽感が押し寄せてしまう。 堂々としていない欲は訴えられるところもない。

 

口の聞けない人。気をもむ引くように、一人で苦しみず、獲得しても、大きくプラスにならず、なくても大きく損害の出ない 小さな利益のために大きな代価を払っている愚かさをしでかすな。人の徳を見るのがいつも嬉しくてしたのではない。

 

 

5  あわてて事を台無しにした時

 

誰でも慌てると方向を失うことに決まっている。 心のバランスをつかめなかったら、感情が動揺し、より大きな過ちを犯すこともできる。 この時は 意図的に落ち着かれために努力するしかない。これも一気にならないと自責する必要がない。


スポンサードリンク
 

 

持続的な訓練を通じて習慣化させればいい。 それではどのような状況でも平常心を保ちながる自分の道を進むことができるだろう。

 

 

 

6  過去の選択が後悔する時

 

成し遂げられなかった夢で苦痛を受けないと。 生きていれば誰でも過ちを犯し、後悔もしている。 超能力者がない以上、未来にどんなことが発生するか予測できないために時間が経ってから過ちを悟ることは非常に正常なことだ。

 

しかし、だからといって継続して過去に執着していなかった道について未練を持つことは愚かなことだ。 後悔するとして時間を過去に戻すことはできない。 現在の状況をさらによく作ることもできない。

 

時間は引き続き流れていて、過去は決して後戻りすることはない。 過去の夢から覚めなさい。 そうしてこそ、新しい夢を見ることができ、希望を語れない。 成し遂げられなかった夢で苦痛を受けないと。

 

 

7  現実が不満に思う時



完璧な現実も毎日のように繰り返されれば、うんざりするのが当然だ。 人たちは目の前に見えて、手に入れた実際のものより想像の中のものに興味と好奇心を感じて、寝ても覚めても手に入れることを望むためだ。


スポンサードリンク
 

 

しかし、現実と夢は決して完璧に一致できない。 二つのうち一つだけを盲目的にジョッジないで二人の間の距離を適切に維持するのが賢明である。 現実がとても完璧しても、人を疲れさせられる。

 

 

8  気の向くまましてしまいたい時

 

意識が戻った状態でも私たちは百%正確な判断をしにくかった法だ。 まして怒りした状態やお酒に酔った状態などでは言うまでもない。 興奮した状態でも同じだ。 現実を感知する能力が顕著に落ちるので、正しい結論を下すことができない。

 

重要な決定であればあるほどしばらくやる。少なくとも一晩は眠ってから再び考えなさい。 衝動的に降る結論は後悔を残すものだ。

 

 

 

9  完全に自信を失った時

 

周りの視線をあまり気を使うな。周りの顔色をうかがってあなたの人生をいつまでもねずみの穴の中に隠しておくわけにはないものだ。 夢見ることがあったら積極的に行動せよ。 そうしなければ挫折感から抜け出せずに猫の前で梃子おびえてぶるぶる震えているネズミのように、永遠なる弱者であるしかない。

 

どんな失敗を経験しても再び起こること、挫折して起きることを繰り返すこと、それがすなわち我らの生であり,我々はその過程の中で少しずつ成長していく。 人生の主導権はいつもあなたにあるということを忘れてはならない。

 

以上、 愉快な人生のための基本公式9つでした。 助けになりましたか?


スポンサードリンク