'酢'で予防可能な疾患7つ

 

食べ物に味と風味を加える酢!

 

酢は料理や生活の中の多様な活用だけでなく、地道に服用すれば、疾病を予防する効果もあります。

酢で予防可能な疾患はどんなものがあるか調べてみます。


スポンサードリンク
 

 

 

1. 胃腸病

 

胃液の分泌を促進させてくれるだけでなく、強い殺菌作用まで持っていて、胃腸内の有害な細菌の繁殖を抑制し、ズームと同時にビタミンB1を多く含まれており、食欲不振の解消に効果的だ。

 

2. 腎臓病

 

腎臓に異常が生じれば、不要な物質を体外に排出する役割を果たすことができないことを酢を服用することで、抗利尿ホルモンを調節して腎臓が本来の機能を訪れるように作る。


スポンサードリンク
 

 

3. 糖尿

 

糖尿病から身を守るためには炭水化物、脂肪などエネルギー源の分解を促進して新陳代謝を活発にしなければならないが、酢がこのような機能を持っている。

 

4. 便秘

 

場内の活動が円滑になり、炭酸ガスが発生して便意を起こして便秘が解消される。 一杯の牛乳に杯一つのリンゴ酢を混ぜて飲んだり、牛乳の代わりに水で薄めて蜂蜜を混ぜて飲むとよい。

 

5. 高血圧


スポンサードリンク
 

 

地方の合成を阻止する作用とともに、地方の分解を促進し、塩分摂取を抑制する機能もして、利尿作用を助ける。

 

6. 動脈硬化

 

動脈硬化は動脈の中にコレステロール中性脂肪が蓄積され、こぶのように突出したり、血管が老化することで、起きようになり、酢の一定の服用が動脈硬化を予防する効果を出す。

 

7. しょう油びん

 

肝機能が低下して吸収されないこととともに、各種の有害物質が解読されていないが、このような有害物質の排泄を促進させ、また、アミノ酸の摂取によるタンパク質不足現象を防ぐ。


スポンサードリンク